Bliss Life by Dr.Rika

La Luce代表 予防医学医師 Dr.Rika 食、生活、瞑想を通じて、心身健康、魂が輝く人生に

キーワード:神尾を含む記事

こんにちは😃

何故だか⁉️
超低体温で、フラフラのDr.Rikaです。

平熱は36、8度はあるのに
34.2度が3日以上も続き、焦りました!


根を詰めて、精一杯してしまうのと
見かけ以上に繊細なので
寝不足と愛犬の病気によるストレスで
息が上がって力が入りすぎ
交感神経が昂っているからだと思います。

瞑想や呼吸が
きちんとできていないことに
不甲斐なさを感じる今日この頃です。

食欲がなく
自分のためにご飯を作る氣力がなく
つい食事を摂らなくなってしまうので
エネルギー不足なのでは?と思い

自分の身体を労るために
また愛情をかけるために
久しぶりに重ね煮をしました。

IMG_7133

無水鍋
私は、以前はタジン鍋
現在はSTAUB鍋を使用。


IMG_7111

基本の
しいたまにんじん

塩を敷き
下から

椎茸
玉ねぎ
人参

IMG_7109

本当は間に塩を敷く必要はないのですが
なんとなくイノチの塩を欲していて

椎茸の上にも

FullSizeRender


玉ねぎの上にも

FullSizeRender


人参の上にも
かけちゃいました。

弱火でコトコト40分


IMG_7112

約半分くらいの量に


IMG_7113

かき混ぜて

小分けにタッパーに入れて保存。


まずは、スープを。
ヘンプミルクと重ね煮をステンレス鍋に入れて

IMG_7114

ふっとうしたら火を止めて
ガス台から下ろしてキッチンタオルの上に置き
60度以下に冷めてから(高温だと酵素が失活してしまうから)




へうげ味噌  を溶かして


自然農法の第一人者として知られる、故・福岡正信(ふくおかまさのぶ)さんの畑で
とれた米「ハッピーヒル」と「裸麦」やアーティスト・大貫妙子さんの育てた
農薬・化学肥料不使用の「あきたこまち」、
そしてへうげ味噌を製造販売する「まほろば」の自然農園で無農薬栽培された
「銀手亡」や「ツタンカーメンえんどう」など17種類もの豆も使われ、
原料総数はなんと31種類。全国から選りすぐりの米や豆類が揃いも揃った、
貴重な味噌なのだ。

以上

IMG_7115

ハンドミキサーで攪拌

IMG_7116

最後に生の椿油をかけて♬


IMG_7117

2 豆腐ハンバーグ
小麦粉、卵一切不使用
里芋をつなぎに

IMG_7118

3 出汁いらずのなめこ汁
重ね煮となめこに八丁味噌と紅葉味噌を加えただけ

BADFB8B7-5A6C-4DCD-96AE-1EFE50416027

4 グルテンフリー  お好み焼き
こんにゃくと大根の葉っぱ
山芋 アボカド 重ね煮を混ぜて

FullSizeRender

レシピは後日ブログに書けるかな?
書く予定です❤️

1週間近く
毎日 あるもので
その時々にアレンジして
楽しかった〜美味しかった〜〜。

もう20年近く
料理本やレシピは見ずに
自分で創作しています。

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲

クリックしてね(╹◡╹)
 ← ポチッ😍


本日の1冊♬

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事  神尾哲男著

幻冬舎




































日本人の2人に1人が癌を患うという昨今、
食のプロ(フレンチレストラン シェフ)が前立腺ガン末期、リンパ節転移で
余命ゼロと宣告されてからご自身で編み出した食養生で、14年も生きている‼️

読む前に、応援📣のポチっと
クリックしてね(╹◡╹)

ガンに気付くまでは、味噌、醤油など家庭に一切なく、
フランス料理、一辺倒。
暴飲暴食、チョコレートを口に入れたまま寝て、喉を詰まらせる(笑)
喫茶店のシュガーポットから角砂糖をお菓子がわりにボリボリ食べる、
タバコを吸う、酒を飲むなどしていたそうです。


マクロビオティックから始まり、魚、肉をとりいれて現在のスタイルに
試行錯誤しながらたどり着き、早14年。
予防医学に通ずる食事でもあり、興味深く拝読しました。

Dr.Rikaは、小児期よりアトピー性皮膚炎、中耳炎、扁桃腺炎などを
繰り返し、声帯浮腫も頻繁に生じ、声が出なくなるため
ステロイドの内服、外用、点滴をしょっちゅう行なっていました。

また、医者の不養生⁉️  

コンビニのレンジで温める食事や外食が多く、365日のうち350日ほど
半病人の様で、だるい、腸の調子が悪い、イライラするなど絶不調でした。

そんな折、あるきっかけでフランス人のドクター ショーシャから
10年ほど前に「30日間で10歳若返る」という本が届き、食の大切さを痛感し
そこから私なりに勉強し、実践し、模索して 元氣で飛び回って巡礼している
今があります💓

神尾さんとの共通点は、

⭕️ 毎朝 白湯を飲む    🌟白湯の作り方
⭕️1日2食
⭕️甘いものを摂らない
⭕️生成された小麦を摂らない  (外食でいただく事もありますよ、、、、)
⭕️本物の調味料を使う
⭕️アミノ酸、農薬、食品添加物を摂らない
⭕️塩素、トリハロメタンを除去した水を飲む   →  浄水器設置
⭕️カレーやシチューのルーを使わない
⭕️乳製品、牛乳を避ける
⭕️植物性乳酸菌を取り入れる
⭕️玄米(発芽酵素玄米)を食べる
⭕️味噌を摂る
⭕️身体を温める (手首、足首 、首)
⭕️GI値(glycemic index)の低いものを食べる



本を読んで、ほーっ⁉️と新たな氣付きは、

🌟味噌汁は60度以上に温めない  味噌の酵素が失活するので
   →  具材をしっかり 煮てから、鍋を火からおろし冷ましてから
       味噌を溶かす

🌟酢は、身体をアルカリ性にするだけでなく、GI (glycemic index)値を
    下げる。

    人参やジャガイモなど血糖値を急上昇させるGI値の高い食材には
   酢をかける

🌟重曹水、クエン酸水を飲む

🌟塩素と有機物が化合する事でトリハロメタンが発生し、
     発がん作用、中枢神経や内臓の働きに悪影響、
     アトピー性皮膚炎や喘息の悪化を引き起こす

     浄水器で塩素が除去された水でも、15分以上煮沸させ続けなくてはいけない‼️

(Dr.Rikaは、毎朝の白湯を作る時には、ミネラルウオーターを15分以上煮沸
しかし、味噌汁やお茶を淹れるときは、ここまで時間をかけていませんでした)

水道水に関する研究で、煮沸するとトリハロメタンの発生量が増加し、
沸騰直後にその量は煮沸前の2,3倍になるものの、沸騰させたまま
15分以上たつと、トリハロメタンは消失することがわかっているそうです❣️

(麺類を茹でるとき、沸騰直後に入れていました〜〜💦)

🌟 ミネラルウオーターを沸かせば、問題ない⁉️と思っていましたが、
折角のミネラル分が飛んでしまうので、飲むなら加熱しない状態で飲むこと❣️

だそうです。


また、オススメ食材の紹介は、とても参考になります。

何と言っても、共感したのは(常にDr.Rikaも同じく思っている)

『自分の命は医者に無条件に預け委ねるものではなく、
自分の力でつかみ取るもの。』

医者は、あくまでアドバイザーであり、寄り添うに過ぎず
治療の選択や自らを治す知恵の獲得や治す力は、ご自身でしか出来ません。

癌患者様だけでなく、食について、元氣でいられる秘訣について学びたい方
ご一読をオススメします🌟

ありがとうございます😊

人気ブログランキングに参加しております。
必要な方に情報をお届けできるように

宜しかったら、クリックお願い申し上げます(╹◡╹)



クリックしてね(╹◡╹)
 ⇦  ポチッ


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️












↑このページのトップヘ