Bliss Life by Dr.Rika

La Luce代表 予防医学医師 Dr.Rika 食、生活、瞑想を通じて、心身健康、魂が輝く人生に

カテゴリ: 医食同源

こんにちは😃

美しいものが大好き♬
美味しいものも大好き❤️

16年ほど前に、
Parisのアラン デュカス本店(ミシュラン星付きレストラン)で
色とりどりのお花が散りばめられたサラダに感動したとともに
当時サラダ一皿が 5、000円したことに
ビックリしたDr.Rikaです。

それ以降、エディブルフラワーはParisを思い出すとともに
ちょっと気張った時にいただくイメージがあります。

贅沢に、ふんだんに、
エディブルフラワー三昧のお食事をいただきたい!!

と思って、
先日 戸隠で無農薬のお野菜とお花を作っている農家さんで
カフェと2組のみ宿泊できる「ここのえファーム」さん
行ってきました。

新しく立ち上げた
カッコいいHPは、こちら💁‍♀️

最後まで読む前に
クリックしてね(╹◡╹)



→ 
読者登録 Open ID で入ってください。
LINEで、ブログ更新のお知らせが届きます。



IMG_6072

標高950m 
本来ならば涼しいところ、
30度近い猛暑。


IMG_6074

到着する2時間ほど前に
外装が終わったばかり。
屋根も壁もきれい〜。

ご主人の水谷 翔さん。
IMG_6075

裏と上の方に畑があります。
花豆のオレンジ色の花が真っ盛り。

IMG_6076
IMG_6077

25年前に建てられた家とは思えないほど
よく手入れされています。

玄関は大きな鏡があって
水琴も。

IMG_6078

用意されたお水もエディブルフラワー❤️

IMG_6079
IMG_6081

お夕飯は、Veganでお願いしました。
前菜は、ナス、トマト、ピーマン

IMG_6082

きゅうりのすり流しが、日中に浴びた太陽の火照りと
長時間の運転の疲れを取ってくれます。


IMG_6084

メインの花豆ベジタコライス
高野豆腐に自家製味噌と醤油で味付け。
野草の天ぷらやキノコもたっぷり。
目にも美しく、彩豊かで幸せ〜〜♬

IMG_6086




天然酵母で作られたピザ。
豆乳チーズも奥様の手作り。
バジルが独特の風味で、ホーリーバジルに似たお味。

IMG_6087

お腹いっぱいで
ピザを残したものの、
デザートは別腹。

黒ごまプリン。

IMG_6089

コーヒーも美味しゅうございました。

IMG_6091

翌朝のご飯は
コールスローとズッキーニ ハーブが効いています。

IMG_6126

自家製の杏ジャムとりんごジャム

IMG_6127

これまたエディブルフラワーが練りこまれた
天然酵母のパン

IMG_6128

ブロッコリーの細いタイプのスープ

IMG_6130

自家製豆乳ヨーグルトには
ドラゴンフルーツが入って、可愛いピンク色。
お花が映えます。

IMG_6129

体調を崩されてからマクロビ料理や
醗酵料理を手がけるようになった奥様。

これからは農業が重要だ!と
研究熱心で、郷土文化や農業の知恵を受け継ぎ
戸隠を発展させるべく移り住むことを決めたご主人。

お二人のまっすぐな想いと
丁寧で美しい心と所作が伝わる
ステキなカフェ&宿です。

写真を撮り忘れましたが
お風呂にもさりげなく、庭で摘んだお花をブーケにして
入れてくださる心配り。

さりげないおもてなしが最幸です❤️

水谷さんご夫婦と記念撮影




ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲

クリックしてね(╹◡╹)
 ← ポチッ😍




IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️



こんにちは😺

祈りやご神事というのは、
聖地へ出向いて行うものだけではなく
日々の生活を丁寧に心を込めて行なうこと
だと思うDr.Rikaです。

丁寧に掃き清めるとか、
しっかりと優しく床を拭くとか

農業、漁業をされている方も
道具を大事に、土に、水に、川に、海に
生きとし生けるものに感謝をして
地球の恵みを頂く

それを受け取って、
命をありがたく調理する

料理自体が祈りであり、ご神事だと思うのです。

by  Dr.Rika

最後まで読む前に、応援📣のポチっと
クリックしてね(╹◡╹)


食材を余すことなく使い切るように
意識しています。

出し殻や昆布じめ後の昆布を使ったふりかけを
ご紹介します。

IMG_4987

【 材料 】

お出汁のじん   出汁を取り終わったもの 1パック
鯛の昆布締めに使った昆布 千切り
ミネラルウォーター   100cc

松の実                           大さじ1
くこの実                        小さじ1
ちりめんじゃこ             大さじ1
豆豉  5粒

きび砂糖            大さじ1
純米酢                大さじ1
桃屋のめんつゆ  大さじ2
生醤油  新醤       大さじ1

【 作り方 】

ステンレスのお鍋に
上記の順で入れていき、火をかける。
適度にかき混ぜながら、煮詰まったら、出来上がり♬

簡単にできる栄養素豊富なふりかけです。


いつもありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
励みになりますので応援のポチっとお願いします。

IMG_4891 ⬅︎ ポチっ❤️



こんにちは😄

3食カレーでも大丈夫だと思うDr.Rikaです。

あ、、基本 本格的なインドカレーね。
ルーで作ったものは、食べられません(・_・;

カレーや、シチューのルーには
トランス脂肪酸が入っているから、、、
胃もたれして受けつけないので、かれこれ10年以上
自分で作るときは小麦粉の入っていないカレー粉(スパイスミックスのみ)
で作ります。

自分で体調に合わせてカレー粉の調合ができたら
楽しいだろうなぁと思いながら、
つい お氣に入りのインド料理店で食事をしてしまいます。

今回、カレーではないのですが
ソルティーラッシーなるものを
初めて飲んで感動したので、ご紹介します。

→ 
読者登録 Open ID で入ってください



最後まで読む前に、応援📣のポチっと
クリックしてね(╹◡╹)

今年2月に開店したbeans.on.beansさん。

ミント、コリアンダー(パクチー)たっぷり
少しスパイシーで塩氣がある飲み物。


IMG_4931


ジューサーミキサーで、作りたてが出てきます。
野菜もたっぷり入っていて(詳細は不明)
体の細胞に染み渡る感じ。

因みに、私は市販のジュースは飲みません。

自宅でジューサーはあるものの
ガスパチョを作る程度ですが、、、

参考までに



こちらのソルティーラッシー
あまりの美味しさに、つい、おかわりしてしまいました。

350円ですが、
採算が取れないとわかったようで、
今度伺った時には、値上げしているかな?

末永く営業していただきたいので
しっかりと利益を出してくださいね。

マサラドーサをはじめとして、どれも美味しい。
また伺います❤️

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲

IMG_4883





こんにちは😄

現在、3箇所で勤務しているのですが
その職場スタッフだけでなく、
往診先の施設の看護師さんや職員さんたちも
ブログを読んでくださって、嬉しく励みになるDr.Rikaです。

ある職場のナース( Yさん)との会話で、

Dr.Rika( 以下 R)
「塩(天然塩)と豆腐以外の白いものは極力避けると良いわよ」

​Y 「白いものって、何ですか?」

R 「精製された小麦とか、、、」

​Y 「 化学調味料とか?」

R 「 そうね、それから?」

​Y 「 牛乳、砂糖、、?
 あ、私  砂糖は​​白くないです、三温糖です❤️」

​R  「えっ⁉️  三温糖って、どうやって作るか知ってる?
   私も5年ほど前に知ったけれど、白砂糖よりも避けたいよ」

Y 「うわぁ、先生 ブログに書いてください!」

​という流れで、本日は三温糖について書きます。


→ 
読者登録 Open ID で入ってください



最後まで読む前に、応援📣のポチっと
クリックしてね(╹◡╹)

IMG_4954

IMG_4953

たべるご より抜粋引用


三温糖ときび砂糖の違いとは?

砂糖は、サトウキビやテンサイを精製して作られます。
この精製途中の砂糖液をそのまま煮詰めて作られるのがきび砂糖

先に上白糖やグラニュー糖を作り、残った液を煮詰めて作られるのが三温糖です。

きび砂糖と黒砂糖は違うの?

砂糖液をほとんど精製せずに作ったものが黒砂糖、あるていど精製して

不純物を取り除いたものがきび砂糖です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Wikipedia より

三温糖(さんおんとう)は、上白糖グラニュー糖を分離して

残った糖液を数回加熱してカラメル色をつけた日本特有の砂糖である[1][2]

IMG_4955

製法は上白糖と同じであるが、製造工程の最後に結晶と分離させた

製糖用糖蜜を再利用し、再び結晶させている。

この結晶させる度に再三再四、糖蜜を加熱していることが

「三温」という名の由来になっている。

三温糖は数度の加熱によりカラメル成分が形成され、

砂糖の結晶が黄みがかっている。

また、一部の製品では上白糖にカラメル色素を添加したものがある。

🌟 カラメル色素とは?

三温糖はカラメルなどの風味があるため上白糖より甘みが強く感じられ、

風味を生かすため煮物などに使われることが多い。

三温糖については「他の砂糖に比べてミネラルが豊富で身体に良い」

と思われがちである。

確かに上白糖やグラニュー糖と比べた場合、三温糖の方がカリウムナトリウム

カルシウムなどを多く含むが、砂糖の使用量を考えれば微々たるものであり、

三温糖の方が身体に良い、というほどの差は存在しない。

ちなみに黒砂糖は三温糖の約100倍のカリウムを含むが、

糖分の含有量はそれを遥かに上回るため、ミネラル摂取を目的として

常食することは避けるべきである。

以上 抜粋 転用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三温糖って、カラメルと一緒ですよね?

糖化といって、細胞という細胞が変性して

特に血管や繊維に炎症が起きてしまいます。

一部では、上白糖にカラメル色素を添加してものも⁉️

4タイプあるうちの、どのタイプか不明ですが

日本は規制が緩く、発がん性のあるタイプも

平氣で使われるので、注意が必要ですね。

​私の家には、砂糖も三温糖も置いていません。

ごくごくたまに みりんやアガペシロップを使うかなぁ?

あとは、蜂蜜を使っています。(熱しません)

皆さんは、調理にどのような甘みを使っていますか?

下のアンケートにご意見をお聞かせくださいませ。

いつもありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
励みになりますので応援のポチっとお願いします。

IMG_4891 ⬅︎ ポチっ❤️


こんにちは😃

ハマると、飽きるまで集中して行動してしまう
Dr.Rikaです。

マイブームは、インド料理。
カレー以外にも、ドーサやレモンライスなど初体験を
次々と楽しんでいます!


最後まで読む前に、応援📣のポチっと
クリックしてね(╹◡╹)

ダバ  インディア@京橋

マサラドーサランチ

IMG_4612

ビックリ‼️の大きさです。
スマホと比べてみて、お分かりでしょう?

でも、小麦ではなく豆と米粉で
パリパリと薄めのクレープ。
玉ねぎと一緒に炒めたジャガイモもマイルドな甘みで
美味しかったです。

追加料金で
マドラスコーヒー初体験。

高いところから注いで、泡立たせます。
お砂糖が入っていて、甘いですが、すんなりいただけます。
IMG_4613


うさと服を販売している真美さんから教えていただいて
行ってきました!ベジタリアン対応のインド料理店
Vege Herb Saga 

IMG_4655


サービスのスープ。
生姜が効いていて、身体が温まる〜。
(この日、花冷えで寒かった、、、)


IMG_4651

土曜日だったので、ランチはミールスかアラカルトのみ。
フルーツとナッツのカレーとトマトライスを。


IMG_4652

半分の量でも十分。。。
でも、美味しくって食べちゃいました。
この日は、これ1食で終わり。

IMG_4653

ホーリーバジルにカルダモン、シナモンなどのスパイスが入った
ハーブティー。

雨上がりで、花粉症全開!!
朝からお目目は、ウサギさん🐰
くしゃみ🤧鼻汁🤧連発でしたが、
このお茶で、だいぶ楽になりました❤️

最後に、久々に薬膳カレー。
老舗の香食楽(かくら)さんへ。

IMG_4668

中目黒商店街の奥の方に、ひっそりと佇む
素敵なお店。

IMG_4669

世界最古のお酒。
ミード(meed)
蜂蜜から作られたもので、Honey moonの語源ともなった
強壮剤でもある妙薬。
2015年にカナダを旅行した際に、マーケットで購入。
その際に、上記のことを教えていただきました。

新婚さんは1ヶ月、この蜂蜜から作られたお酒を飲んで
過ごすのだそうです。


IMG_4670


オーストラリアのアッサリタイプをロックで。

IMG_4671

ランチタイムで、サラダのsサイズと
3種カレー盛り合わせ。薬米にして頂いたのと
チキンの代わりに、アボカドに変えて頂きました。

うー、大満足❤️

先日、中華料理を久々に食べたら
化学調味料で、腕が痺れるだけでなく
舌がざらつき、膝を中心に足首の関節が真っ赤に腫れて
熱を持ち、痒くて堪らなくなりました!


何を口に入れるか?
とても重要ですね。

ハーブやスパイスの奥深さ
薬としての効果を改めて感じた食事、お茶でした🍵

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲

クリックしてね(╹◡╹)
 ← ポチっ


IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️



↑このページのトップヘ