Bliss Life by Dr.Rika

La Luce代表 予防医学医師 Dr.Rika 食、生活、瞑想を通じて、心身健康、魂が輝く人生に

カテゴリ: 医心方

2017.2.4(土曜  立春)に参加

今、気づいたのですが、「医心方」の寺小屋を主催している
未来医療研究会に初めて参加したのが、2年前の今日  建国記念の日2.11
でした❣️

左手(橈骨2箇所、舟状骨の計3箇所)複雑骨折後で、
ギプスを巻いての参加でした⭐︎




















世界遺産登録を望まれている日本最古の医学書 「医心方」。

平安時代に丹波氏により編纂されたもので、中国のみならず
インドの古代医療も盛り込まれ、薬草や食物だけでなく
鉱物による治療や念によって生じたものを治すことまで書かれています。

房内篇(男女の交わりのこと)だけがクローズアップされてしまい
名だたる学者が関わらないようにしていたのと、中国人でさえ
解読不明な漢字が多いこと、途中で当てずっぽうに間違った字で
編纂された歴史(日本医学叢書)があり、
意味不明で解読できずに長年過ぎていました。

槙 佐知子先生が1974年1月に医心方と出会ってから
40年の歳月をかけ、独自に漢字を解読し、全30巻を現代語訳されました。

83歳になられる槙先生に直接教えを請う機会を得て、
寺小屋形式で学ばせていただいております。

今回は、何かとございます房内篇

皇帝、殿様や武家にとっての子作りや男女の営みに関して描かれているようで、
男性にとってのものが殆ど。30章のうち、女性主体のものは、1章だけです。

【 Sexしてはいけない時 】

大風  →  子供が病気がちになる
濃い霧
寒い日
暑い日
稲妻 雷 稲光 → 子供がてんかんに
太陽や月が隠れている時
日食、月食
冬至、夏至
星空の下
井戸や竃の側
トイレ
死体や棺の側
酔っている時

【 Sexに適した時 】

早朝に向かう境目  → 子供が富、長生き

【 入相女人 】

男性にとって有益な女性を入相女人(にゅうそうにょにん)と言い、
みためかたちや肌、髪、ホクロの位置だけでなく、性的な特徴にも及びます。

肌が滑らかで、骨が細いのが良いのだそうです。

江戸時代の大奥の「証風呂」や「お褥すべり」の風習の源流も医心方から
来ているのでは?

因みに、漢の武帝時代に悪女と呼ばれた西王母は
生涯結婚はせず、若い男性と交渉を重ね、美貌を保っていたそうで
彼女が交渉した男性は皆病気になってしまったそうです(^_^;)


不妊女性が営みの際に、左手に小豆14粒を持ち、
射精の瞬間に小豆を飲み込むと子宝に恵まれる   など不思議なことも
多く書かれています。


写真は、槙先生が中国で入手した古代の体操図示



いつもありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しております。
宜しかったら、クリックお願い申し上げます(╹◡╹)


クリックしてね(╹◡╹)


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️





















































初の試み⭐️3分クッキング、3品🎵
納豆&ネギ編


1.納豆チャーハン(1人分)

発芽酵素雑穀玄米  1膳
納豆1パック
ちりめんじゃこ  30g
九条ネギ  適量
大葉  3枚  千切り
らっきょう塩漬け  6個
シウマイ 1個
辛子味噌  小さじ1
ゴマ  適量
ごまスコ  適量
アヴォカドオイル  小さじ2

熱したフライパンにアヴォカドオイルを入れ、
らっきょう、九条ネギ、かき混ぜた納豆、賽の目切りしたシウマイ
ちりめんじゃこを加え、炒める。
辛子味噌を入れたのち、発芽酵素雑穀玄米、大葉の順に入れ
炒めて、最後にごま、ごまスコをかけて、出来上がり〜🎵

2.納豆蕎麦



























1人分

納豆1パック
九条ネギ  適量
ビーツの茎、葉  適量
蕎麦
麺つゆ



3. 納豆汁粥




























2人分

納豆1パック
九条ネギ  適量
出汁
味噌
発芽酵素雑穀玄米  1膳


水に無添加出汁を入れ、納豆、ネギを加え、煮立たせる。
発芽酵素雑穀玄米を加え、火が通ったら、味噌を溶かし、出来上がり🎵


【医心方的  納豆の解説】

平安時代に編纂された日本最古の医学書【医心方】

ここで、納豆と記されるものは黒大豆で出来たものです。

黒大豆納豆とらっきょうの茎を煮て、熱いまま頓服すると
肛門周囲膿瘍に効くそうです。

納豆には、解毒作用があり、胃腸を整える際には
お粥と一緒に煮切ると良いそうです。

赤痢の治療にも用いられ、
ネギと納豆を水から煮ると書かれています。

今回ご紹介した3品目の納豆汁粥は、
今月 夜中に突然下し、水溶性のものが何時間にもわたり
続いた朝、これらの知識が無いときに、
体が欲して作ったものでした。

納豆とネギとお味噌、発芽酵素雑穀玄米を一緒に食べたい‼️

食後、ピタッとお腹の調子が良くなったのです。

そんな経験をして1週間後、槇 佐知子先生から寺小屋形式で
医心方を教わった際に、納豆のことを教えていただきました。

納豆を水から煮て、カスを除き、一度に飲用すると
尿閉が治る


とか、

便秘のときに、納豆を肛門に入れる‼️👀と、
便通が良くなるそうです。。。

面白いですね〜🎵

いつもありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しております。
宜しかったら、クリックお願い申し上げます(╹◡╹)


クリックしてね(╹◡╹)


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️









今日の3分クッキング〜🎵

はい、実質は7分ですっ⭐︎

【紅時雨ネギそば】

紅大根 5cm分  フードプロセッサーでおろす
紫長ネギ  1本  

麺つゆ
煎り酒  適量

山芋そば(乾麺)  1人分

山芋そばを湯がき、氷水でしめる。
常温のミネラル、リジュベラックで市販の麺つゆを割り
丼に入れて、そば、紅大根おろし、ネギの順に盛り
最後に少量煎り酒をかけて、出来上がり〜〜❤️

























【Dr.Rikaのワンポイントメモ】

日本最古の医学書と言われる医心方を40年かけて現代語訳をなさった
槇 佐知子さんの「野菜の効用」と言う本によると



























ネギはその部分によって薬効が異なり、用途も違う。
そこで薬名もそれぞれ異なる。

生えたばかりの芽  = 葱芯
秋植えの冬葱の実  = 葱実
青い葉                    = 葱青、葱葉
鱗茎(白い部分)       = 葱白
花                           = 葱花
ひげ根                    = 葱鬚


効能と治療例

1. 葱青
 
(1)  適応症    高熱、骨節の疼痛、顔のむくみ
      用法        煎じて内服

(2)  適応症    金属による瘡傷、虫や蛇の咬傷
      用法        煎汁で洗浄またはあん法

(3)  適応症    足の浮腫
       用法       茎と一緒に煮てやわらかくし、擦り潰して塗布したり、
                     煮汁に患部をひたす。

2.  葱白

(1)  適応症    傷寒、寒熱、発汗、顔や眼の浮腫、骨や肉の痛み
                     喉にものが通らないとき、頭痛、百薬の毒など
       用法       葱白の湯を作り、服用する



等、、、、

ただいま絶賛デトックス中のDr.Rikaはアトピー性皮膚炎が
眼の周りに出て、真っ赤に腫れ、熱を持ち、顔全体にむくみが
出ているため、自然と身体が葱を欲しているようです。

長年ステロイドを連日使っていた(5年前から一切使わず)こと、
花粉が肌についてかぶれていること、日焼け止めや化粧下地の
クリームに含まれる界面活性剤や色素等、経皮吸収で蓄積されて
いたものを春先身体から出そうと頑張ってくれています。

現在、ハイドロジェル(フラワーウオーター)とココナッツオイル
パウダーのみ使用しております。

お陰様で、鱗のような皮剥けは一段落し、赤みが多少残る程度。
あとちょっとで毒だし完了〜〜⭐︎

化学肥料や農薬を使わない自然栽培のお野菜は、内臓も肌も心も
喜びます。

いつもありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しております。
宜しかったら、クリックお願い申し上げます(╹◡╹)


クリックしてね(╹◡╹)


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️



2016.1.30(土曜)

未来医療研究会の寺小屋形式で、
日本最古の医学書と呼ばれる
「医心方」を40年近くかけて、
独自に解読し、全30巻を現代語訳なさった
槇 佐知子先生直々に教えを請いました💖

医心方に出会うまでのストーリーも
引き込まれますし、
何と言ってもヒポクラスを超越するとも言える
医師としての心得、
現代医学よりも優れているのでは?と思う
処方の数々

まずは全体像を伺いました。


御歳82歳とは思えない(60歳代にしか思えない)
エネルギッシュで、お茶目な先生に
皆前のめりでお話を伺いました🎵

3時間、立ちっぱなしで講演される姿、
出来事の日時を正確に覚えていらっしゃる記憶力に、
驚愕とともに、尊敬のまなざしが
降り注げられていました。

自ら健康法を実践され、寝食を惜しみ、
解読、執筆を長年 睡眠時間3時間で
続けていらっしゃることに感謝し、
医心方の世界遺産登録に向けて、
協力したいと思います。

学ぶ場を創って頂いた稲葉俊朗先生に感謝💖















いつもありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しております。
宜しかったら、クリックお願い申し上げます(╹◡╹)


クリックしてね(╹◡╹)


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️

↑このページのトップヘ