Bliss Life by Dr.Rika

La Luce代表 予防医学医師 Dr.Rika 食、生活、瞑想を通じて、心身健康、魂が輝く人生に

カテゴリ: 心の栄養

こんにちは😃

成人式を迎えて
晴れ晴れとされていらっしゃる
新成人の方々とご家族達に
祝福のお慶びを申し上げます。

成人してからの
自らの歩みによる
さらなる積み重ねで
人生に彩りと味わいが出て
熟成されるのだと思います。

人生を味わい尽くされた
先輩方の知恵と工夫と創作力の
素晴らしい作品たちを
ご紹介します。

手作りのミニ箪笥の中に

07ABA731-249C-4B39-8C06-FBC2A1BD6F74

綺麗な扇子

0A3D90CA-CC8A-4D1B-A641-AD68B5FE14D1

折り鶴も
このように並べると
曼陀羅のようですね。

CCF879DF-27B8-4692-ACC3-80BFC7FFF6F4

2F294327-721F-414F-B443-58DEFD49AAE4

6F0A505A-3AC8-4698-8112-05BA6F20F036
 

















Dr.Rikaの子供の頃の渾名の
いちご🍓
親近感が湧きます。

今日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。

応援のポチッとクリックお願いします🤲


 

HOHOHO〜

サンタクロースに変身して
お子さんにプレゼントを届ける方もいらっしゃるでしょう。

ジングルベルの歌よりも
ハレルヤを歌いたくなるDr.Rika です。

再掲です。


IMG_3584

サンタクロースのイメージって、上の写真にある様に 
赤い服を着た大きなお腹の白髪と白髭の
白人のおじいさんが定着していますよね?

でも、サンタクロースって本当は色黒で痩せていて
なまはげ👹とセットだって、ご存知でした?

         Naverまとめ

サンタクロースのモデルは、聖ニコラオス


ミラのニコラオスあるいはミラの聖ニコラオ
270年頃 - 345年または352年12月6日)は
キリスト教主教司教)、神学者である。

リュキアのミラで大主教をつとめた。
1087年イタリアバリ聖遺物不朽体)が移された。
聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている。


正教会での正式な称号も付けられた呼び名は
ミラリキヤ大主教奇蹟者聖ニコライ
であり、篤く崇敬されている。
日本に正教会の教えをひろめた聖ニコライこと
ニコライ・カサートキンとは別人である。

聖ニコラウスは、現在のトルコの裕福な家で生まれ、
東ローマ帝国小アジアのミラの司教でした。
6世紀に聖人となり、亡くなった12月6日が聖ニコラオスの祭日となりました。

数々の伝説がありますが、サンタクロースのモデルとなった由来のお話

ニコラオスがまだ若い頃、近所に貧しい家があり、そこには3人姉妹がいる家族が
住んでいました。長女は結婚したい好きな男性がいましたが、
結婚資金も無く娼婦に成らざるを得ない状況に追い込まれ、
この事を知りましたニコラオスは煙突から金貨を投げ入れました。
するとその金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に偶然入り、
長女はめでたく結婚する事が出来ました。
次女も同じように金貨が靴下に入り結婚出来ました。
三女の時、貧しい両親はもしかしたらまた金貨のプレゼントがあるかもしれない、
その時はどうしてもお礼を述べたいと寝ないで起きていました。
そして、金貨を投げ入れたのが隣のニコラオスだと気がつき、驚き感謝しました。
ニコラオスはこの事は秘密にするようにと言い立ち去りました。

クリスマスに靴下を下げておくと、夜サンタさんが煙突から入り、
靴下にプレゼントを入れてくれるというのはここから始まりました。

子供達の聖人といわれ、子供にプレゼントを渡す由来のお話

ある飢饉の年、食料が無く落穂拾いに出かけた3人の子供が日が暮れてしまい、
(*7人の子供という説もある)
ある一軒の家に宿を求めました。
そこは肉屋でしたが、肉屋の夫婦は3人を殺し、樽に放り込み塩付けにしました。
それから7年後、聖ニコラオスがこの肉屋に来まして、食べ物を求めました。
肉屋はハムと子牛の肉料理を出しましたが、
ニコラオスは、「7年前のあの塩漬けの肉が欲しい」と伝え、
肉屋は怯えて神に許しを請います。
塩漬けの樽に3本の指を乗せますと、中から3人の子供達があくびをしながら
永い眠りから覚めたかのように出てきました。

他にも伝説が

無実の三人を死刑から救い、学問の守護聖人として崇められています。

海運の守護聖人であり、海運国オランダで、またベルギーフランデレン地域
ドイツなどでも崇敬を集めている。

オランダ、フランデレンでシンタクラースと呼ばれる。
シンタクラースが訛ってサンタクロースに!

オランダでは11月下旬にシンタクラースが(スペインから)蒸気船でやってきて、
上陸後は白馬に乗って12月6日のシンタクラース祭へ向けて各地を練り歩く。
この時期とくに子供に、また大人たちもプレゼントを交わします。

キリスト教会の聖ニクラウスの伝説は、ゲルマン民族の冬至の祭りと一緒になり、
ヨーロッパ各地に形を多少変えたりしながら伝承されています。

聖ニコラウスは、おなじみの赤い洋服のサンタクロースに後になりますが、
右手に長い杖と
左手には良い子にしていたかどうかの子供の情報が書かれたノートを持ち、
そして各家をカゴを背負い大きな袋を持つお供の黒いボロを着た
老人クネヒト・ルプレヒト(黒いサンタ)と訪問します。

良い子にはナッツ、チョコレート、飴やリンゴやミカンのプレゼントが出され、
悪い子はルプレヒトの持つカゴや袋に入れて連れ去られ、
地獄の穴に投げ込むと子供に想像させました。

その時、一緒にいるのがなまはげ?!👹

南ドイツのベルヒテスガルテンやオーストリアのザルツブルグ州、チロル州等で
伝説の悪魔か妖怪のような生物がいます。
木彫りの醜いお面と羊や山羊などの毛を纏ったクランプス・Krampus 
が同行する聖ニコラウスの行事

2本~6本と村により異なる角が生えて
牙を持つ恐ろしい鬼の木彫りの仮面=ラルフェと
動物の毛皮の衣装をつけたクランプス5~8匹が(村の若者)
腰に大きな鈴やカウベルを何個もつけ,錆びた鎖を持ち大きな音を出して踊りながら、
大声で唸りながら騒々しく同行します。
手には白樺の木の枝で作った箒を持ち鞭を振るいながら、子供達に
「勉強をするのだぞ」「親のいう事をよく聞くのだぞ」など厳しく諭してゆきます。



IMG_3586

IMG_3587 出典  www.cvltnation.com

聖ニコラウスのグループは、子供達や若い女性をクランプスが怯えさせながら、
通りを練り歩き、暴れ過ぎの場合はニコラウスが止めながら、
村の全ての各家を回りレストランなどを訪問して、
飲み物を提供してもらったりもしています。
この伝説の悪魔的な生き物の行事は、
他にもハンガリー、クロアチア、チェコ、スロバキア、スロベニア、北イタリアに
現在も残りますが、起源はハプスブルグ時代に遡るとも、
或はもっと古く1600年以上の歴史があるとも言われます。

オーストリアの深いアルプスの谷間の悪霊を
悪魔の姿のクランプスが音を立てて白樺の枝で追い払い、
また日が短くなり太陽も少なく
寒く吹雪の多い暗い季節に村人に活気を与え、
その3週間後には年最大の行事クリスマス(冬至昔の太陽の祭り)になり
よい子になるようにと教育された子供達には最高に楽しい行事となります。

クランプスそっくり!!なまはげ


大晦日に秋田県など北陸の日本海側の一部で行われる
伝統的な民族行事。

赤面や青面の鬼の面をつけ、ケラミノ、ハバキを身に付け、
大きな出刃包丁や太鼓などを持って各家をまわり、
「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と大きな声で荒々しく叫びながら
怠け者、子供や初嫁を探して暴れます。

主人が鬼をなだめながら、丁寧にお酒などを出してもてなします。

神話や伝統行事って、名前や時代や場所が違えど
由来やルーツっておんなじものが多いと思うものの1つです。

クリスマスの朝は、良い子にして、プレゼントもらえるかな?


ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲


クリックしてね(╹◡╹)
  

光陰矢の如し🌟☆彡
あっという間に、今年もクリスマスの時期に
なりました。

12/22は、1年で最も太陽が出ている時間が短い冬至ですが、
クリスマスは、この冬至に関係しているとご存知ですか?

一昨年 イスラエルとキリスト生誕の地 ベツレヘムへ行って参りましたが
9月でも朝晩は冷えこみ、とても12月に馬小屋で生まれたとは考えにくく、
また12月に生まれたという記録もありません。


FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_3581

お伝えしたい内容が、
既に素晴らしい記事を
ホメオパス獣医でクリヤヨギの森井啓二先生が
書いてくださっているので
大人気ブログ  ひかたま から引用させていただきます。

    🎅         🎄         🎅        🎄         🎅         🎄           🎅

クリスマスは 
クリスChrist(キリスト)とマスMas(礼拝)という
二つを合わせた語に由来しています。 

最近では
メリークリスマスという言い方は自粛され
ハッピー・ホリデイの方が一般的になりつつあります。

基本的にクリスマスだと
キリスト教のイメージであり、
多民族国家においては
イスラム教やヒンズー教もとても多いから、
そのことが配慮されて、ハッピー・ホリデイと呼び始めているのです。
この三つは信者数を元に
世界三大宗教と呼ばれています。


一説には、 
クリスマスは 
イエス・キリストが誕生したことのお祝いという意味として、 
キリスト教徒の礼拝が世界中に広まっていきました。 
でも 
イエスが12月25日に誕生した記録はありません。 


古代のローマ人やゲルマン人やケルト人など、 
太陽を神として信仰していた民族の間では 
太陽の至点というものが重要視されていました。 


至点(solstice)とは 
1年に2回、 
太陽の赤道面からの地球の距離が最大最少となる瞬間のことをいいます。 

英語の 至点solstice は 
ラテン語 solstitium に由来します。 
これは sol (太陽)とsistere(静止する)という意味が語源です。 

地球から見て北回帰線と南回帰線の間を動いている太陽が、 
一瞬動きを止めるように見えることに由来します。 



太陽の赤緯が最大となる点は、夏至点 
太陽の赤緯が最小となる点は、冬至点 
です。 

この冬至点
つまり日が最も短くなった時期を、太陽(神)の恵みが
最も小さくなった時になぞらえ、
イエス・キリストが光の使者として
地上に来てくれることを象徴しているのです。
 


冬至を過ぎると数日を経て、 
日が長くなりはじめたことが実感し始める日 
12月25日にクリスマスは設定されました。 

クリスマスがこの日に設定されたのは 
4世紀の頃です。 

古代ローマでは
太陽復活の日としての太陽神の誕生日の祝日と制定されていた日です。 

人々が 
潜在意識の中でも光を求める日。 
それが現在のクリスマスのイルミネーションにも表れています。 

main_1200theatlantic.com 



この当時のキリスト教の司祭たちは 
この太陽神の誕生日を利用して 
新たなキリストの日と制定し 
風習や祭儀に意味を与えることで 
キリストの福音を、 
より多くの人々に思い起こしてほしいという願いを込めたのだと思います。 

以上  
ひかたまより抜粋 引用

   🎅         🎄         🎅        🎄         🎅         🎄           🎅


ここからは
Dr.Rikaの私見ならびに体験を書きますね。


イエス キリストが十字架に磔られ亡くなってから
生き返った3日後というのも、冬至から数えて3日後の12月25日に
クリスマスの日と決めたのだと思います。

まさに闇から光が戻り、輝きが増したことを祝う日で
キリストも太陽神の誕生日と同じにしたのでしょうね。

世界中では、
クリスマスには、
礼拝や祈り、
瞑想が真摯におこなわれています。

main_1200xmas

クリスマスは、 世界的に普及して、盛り上がるお祝いですが
パーティーやデートで優雅なお食事やお酒を楽しむとか
プレゼント交換をするイベントではありません。

本来のクリスマスは、
冬至を過ぎ
光が戻り、輝く
新たな年の始まりに
キリスト(を代表とする)を通し
全てに存在する神を思い出し、神と共に在り
自らの神性をも開き、輝かせる祈りと瞑想の日です。

クリスマスの時期は
宇宙(天)から愛のエネルギーが最高潮に届き
とても美しく暖かいエネルギーで地球が包まれ
万人が優しく心穏やかに
祈りや瞑想がしやすい状態です。


ここ数年  私は
毎年 クリスマスイブの夜からクリスマスの朝にかけて
一人で静かに祈りと瞑想をして過ごしています。
(どの宗教にも属していません)

この数年のクリスマス
とても嬉しいサプライズがありました。

瞑想している方は、経験されたことがあるかもしれませんが
光の中に溶け込み、自分がなくなり
ただただ光そのものになりました。

また、感覚としては、(そこは感知する自我があるのですが、、、)
身体の中を駆け抜けるエクスタシーが延々と続きました。

Sexで得られるエクスタシーは、
神(光)との合一の疑似体験であり、
短時間で終わってしまいます。

神(光)との合一は、
Sexでのエクスタシーとは比べ物にならないほどの強さと
恍惚と愛に溢れ、幸せそのものが延々と続き、
このまま戻ってこれられないか?と思うほどでした。
(我に戻ったのは、25日の夜でした)

自分が望むものが現れます。
信じるものが現象化します。

自分の意識が生み出したホログラムであり、
現実であり、空であり、無であり、幻です。(笑)

でも、それが個々の世界の全てです。

仏教を信じる方は、お釈迦様に会えるかもしれませんし、
待ち望んでいる観音様に会うかもしれません。

私が思うに、
宗教と関係なく
クリスマスの日(12/24〜25)は、
自我を超え、
愛を受け取り、また愛を放ち、愛そのものに溶ける日です。
真我と出会い、
神(仏、光、宇宙、Something great)であることを思い出し
融合する日です。

ぜひ、クリスマスイブの夜からクリスマスの朝にかけて
聖なる時間、祈りと感謝の時間を過ごしてみてください。

素晴らしいギフトがあると思います💝

ギフトといえば、
サンタクロース🎅

大きなお腹で長いお髭のおじいさんのイメージは
最近作られたもの。

実は、なまはげ👹とセットの色黒の痩せたおじさんだって
ご存知ですか?(笑)

サンタクロースについては、明日のブログで❤️

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。

一人でも多くの方に情報が届くように
愛が満ちる様に
ポチッとクリックお願いします🤲


応援📣よろしくお願い申し上げます🤲

こんにちは😃

ここ数日
朝3:30に愛犬Dinoに起こされ
寝不足。。。

愛犬Kellyの看病と通院
Dinoの散歩とお風呂

日々の家事と
往診のハードワークで
ブログを書く時間が取れません。

往診先で出会った素敵な作品たちを
お送りします。

手作りカレンダー

F25B089E-BE03-4960-B696-51607B646C51

切れ込み細工



07A4C6F0-532B-4BF4-9F4A-692C700D5B67
FullSizeRender
FullSizeRender

独学で作られた折り紙


427FB79E-6616-4E7A-9A12-98883C0E313B
830B03E4-CA0F-4FEB-8BDF-107D05DDED7C

人間は
神とそっくりに作られた
神の分身

まさに全員がクリエイター(創造主)だなぁって
いつも感心と尊敬の念が湧き起こる毎日です。

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、応援のポチっとお願いします。


IMG_4891 ⬅︎ ポチっ❤️


こんにちは😃

芸術の秋
紅葉真っ盛りの秋

皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

もう過ぎてしまいましたが、
いつもお世話になっているリフトアップカット砂山の3階ギャラリーで
照沼 大(ゆたか)さんのソウルガイドジュエリー展へ伺いました。

数年前から、存じてはおりましたが
実際に出向いて照沼さんにお目にかかったのは、初めてです。

個展最終日 閉園1時間前に駆けつけて
なんと!!2時間も長居してしまいました。。。

照沼さんとのお写真を撮らずじまいで残念。

魂を込めて彫金するには
金よりも銀をたっぷりと使いたいとのことで
メインは銀の作品です。

1000年 2000年後に掘り起こされたときに
すごい!!って言われるのをイメージして創られているそう。
丈夫で、芸術性の高い作品であることを
モットーにしているそうです。

このように小ぶりながらも
どっしりと存在感のあるチャームから

FullSizeRender


どどーんと大きな石を使ったものまで。


FullSizeRender

ちょうどこの大きなペンダントをお求めになり
連れて帰られる方と一緒になり、
照沼さんと3人で色々話が弾んで
あっという間に時間オーバー。

とても美しく その方本来の魂の求める道へ導く
ソウルガイドジュエリーです。

霊気(レイキ)や山に篭って修行された照沼さん。
子供の頃からお坊さんに教えていただいたり、
導かれるように様々な国のシャーマンや仙人のようなかたから
教えられたそうで。
その智識と智恵を広める役目の方です。

石を手にしたら、
その石たちをどのうような構図で配置して彫金するかが
天から?ダウンロードされるようです。

展示会へ伺う前に一番氣になった作品。
実際に目にしたら、もっと暗めの赤い石。

これって只者では無いな〜。
どんな人が身につけるのかしら??


FullSizeRender


って思っていたら、



8ECD27E8-7F69-4E1F-8B61-5C8ED31DC98F

なぜか
しっくりとフィットしてしまいました(⌒-⌒; )

砂山さんからも
「これを付けたら、急に顔が変わった!」

と言われ

照沼さんからも
「りかさんが身につけた瞬間に
作品と身体が一体化したようです」

とお言葉が。

でも この日はお写真をとって
作品とお別れ。

またどこかで会えるかな?

今月は、恵比寿と自由が丘のバーで
コラボ展覧会があるそうです。

FullSizeRender



11月20(水)21日(木) 12時〜18時


11月24日(日) 25日(月) 14時〜


12月6日〜9日は、川崎溝の口 フィオーレの森で個展予定ですって。

ピンと来た方は、ぜひどうぞ〜〜。

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
励みになりますので応援のポチっとお願いします。

IMG_4891 ⬅︎ ポチっ❤️


↑このページのトップヘ