秋雨で、夏の疲れが出やすく、
身体が冷えやすいですね。

最近、単純ヘルペス、帯状疱疹の患者様が多いです。

近年は、低体温の方が多くいらしてびっくりします。
小児、男性でも平熱が35度台といのも珍しくありません。

冷えは万病の元!
婦人病、不妊、免疫力低下による種々の病気
癌も然り。

代謝を担う酵素が最も効率よく働くのが、37℃。

お風呂に入るだけで、平熱を上げ、
傷ついたタンパク質を修復するHSP(ヒートショックプロテイン)を
高めることが出来るんです!

ちょっとした工夫で❤️

ヒートショックプロテイン 加温健康法
伊藤要子著

HSPは、ストレスで増加し、
特にHSP70は熱ストレス(40〜42℃)で、最も増加するので
お風呂に入るのが、最適🎵

しかもストレスを受ける2日前に入るのがベスト!
だそうです。

マラソン大会や試験、プレゼンテーション、交渉などの2日前❗️
目安は週に2回💖

HSP入浴法を簡単にまとめると

お湯の温度    入浴時間
     42℃             10分
     41℃              15分
     40℃              20分  血行促進効果のある入浴剤を用いれば、15分

肩まで浸かり、保温のため浴槽に蓋をして首だけ出す。
蓋に飲み水を置いて、適宜水分補給。

熱くてのぼせそうであれば、湯船から出るが、
出ている間の時間は入浴時間にカウントされない。

半身浴(みぞおちよりも下)の場合は、各3〜5分長めに入浴。

✨【ポイント1】✨    入浴後の保温が大事〜〜💖
このあと、たっぷり汗をかきましょう。

しっかり水気をタオルで拭き取ったのち
室温20度以上の場所で(浴室でも)
バスタオルやバスローブを羽織り、10〜15分休憩。

保温終了後、掛け湯をして、汗を流して拭いて終了🎵

✨【ポイント2】✨  時間短縮に入浴剤活用

無機塩を含んだ炭酸ガスの入浴剤で、血行促進するので
時間短縮します。

市販の炭酸入浴剤がありますが、
簡単に家で作れるのでDr.Rikaは入浴直前にチョチョイと
作っています。

重曹        大さじ2
クエン酸 大さじ1
粗塩         大さじ2

に、その日の体調に合わせてエッセンシャルオイルを適量。

ね、簡単でしょ🎵


喉が痛いな💦
筋肉痛が〜〜💦

という時に行うと、早く治ります。

詳しくは、伊藤先生の本をご覧くださいね。





































































いつもありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しております。
宜しかったら、クリックお願い申し上げます(╹◡╹)


クリックしてね(╹◡╹)


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️