Bliss Life by Dr.Rika

La Luce代表 予防医学医師 Dr.Rika 食、生活、瞑想を通じて、心身健康、魂が輝く人生に

2019年01月



こんにちは😃

今年は、インフルエンザが大流行(・・;)

清潔好きの日本にお住いの皆さんは
日頃以上に菌をもらったり人に移したりしないように、
手洗いやうがい、マスクなどで細心の注意を
払っているかと思います。

薬用石鹸や抗菌石鹸、ハンドソープをお使いでは無いでしょうか?

IMG_3883


最後まで読む前に、応援📣のポチっと
クリックしてね(╹◡╹)



日本で1990年代に病原性大腸菌O157の被害が広がり、
殺菌剤トリクロサンが配合された薬用石鹸などが
広く使われるようになり、その後も使い続けている方を
多く目にします。

2016年の9月、FDA(米国食品医薬品局)が、

19種類の殺菌剤を含む抗菌石鹸や抗菌ボディソープなどを
「効果の科学的根拠がなく、有害無益でさえある可能性が高い」
ということで、販売禁止にすると発表しました。


規制対象となったのはトリクロサン、トリクロカルバン
といった殺菌剤を含むせっけんやハンドソープ、ボディーソープなど。
トリクロサンは殺菌効果などをうたう液体抗菌製品の93%
に含まれており、2千種以上が販売されているそうです。
※2016年11/28:厚生労働省が230種類流通と発表。)


規制対象に消毒液や医療機関向けの製品は含まれていません。

FDAは通常のせっけんと水による手洗いを推奨しており、

せっけんがない環境ではアルコール消毒液の使用を勧めています。

日本の厚生労働省も、2016年9月のFDAの発表から
一か月以内という異例の速さで、これらの19種の成分を含まない
代替品へ切り替えるよう各企業に通知しましたが、
結局厚労省の通知は薬用石けんに限定されたものです。

例えば、

薬用石鹸ミューズでは トリクロカルバン → サリチル酸 

薬用ビオレ泡ハンドソープと薬用キレイキレイは

  トリクロサン → イソプロピルメチルフェノール 

という別の殺菌剤に置き換えられただけです。
.
汗拭きシート、歯磨き粉、化粧水、シャンプーなどの
日用品は対象外になっています。

こうした対象外の製品には、
FDAで危険、米国で販売禁止とされる殺菌剤
(トリクロサン、トリクロカルバンなど19種類)が
未だに平然として使用されていますので、
日用品購入の際には、個人レベルでの十分な注意が必要です。

19種類の殺菌成分のうち、特に問題視されているのは:

● トリクロサン
● トリクロカルバン


何が問題かというと、

これらの殺菌剤が健康を害する細菌だけでなく、
自然界に存在する常在菌まで殺してしまうことにあります。

本来、皮膚を保護してバリアしてくれている常在菌
黄色ブドウ球菌なども全て殺菌してしまい、
手荒れはするは、常在菌による免疫システムの構築が出来ず、
免疫力が育たないということになってしまいます。
.

2番目の問題は、耐性菌を増やす、という事です。

また、トリクロサンに関しては、

● 口や皮膚から体内に浸透し、尿・血液・体液・母乳などに残留

● 肝硬変や肝細胞癌を発症しやすくなる

● 微生物や紫外線によってダイオキシンに分解され、
     筋力を低下させる恐れがある

● 尿は家庭排水から環境へ流出、環境汚染の増加
.

また、トリクロカルバンは

●  ホルモンを攪乱

●  男女両方の受胎能力の低下

●  少女の早発思春期

●  乳癌、卵巣癌、および前立腺癌の増加

を引き起こす可能性がある

となっています。

塩化ベンザルコニウム 、 
塩化ベンゼトニウム、
クロロキシレノール

の3つの殺菌成分についても、健康被害のリスクはあり、
将来規制の対象になる可能性はあります。

腸内細菌でも、皮膚の常在菌でも一緒。
全てを悪のように扱って、皆殺しにするようなことは
バランスを崩し、かえって体調を崩します。

共存共栄、良きバランスを保つということは
何事にも通じるのでは無いでしょうか?


ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲

クリックしてね(╹◡╹)
 ← ポチっ




こんにちは😺

天のお導きなのか?
やっと?直接お目にかかって
ことば(言の葉ではなく)を交わして
絶版につき、プレミア価格になっている本にサインを頂きました❤️


FullSizeRender
FullSizeRender

宇宙神霊記

累計5,000万部(ざっくり日本の人口の半分が読んだ計算⁉️)
大ヒット漫画  ガラスの仮面の作者である美内すずえさん❤️

何度かブログでご紹介している大将こと草場一壽さんのイベントに
2019年1月26日 土曜日に伺いました。

行ってみてビックリ!だったのが、
銀座ベルエトワール
(さくらももこさん  はじめ相撲界、格闘界、著名人御用達)の
現社長 岡本  敬人さんもスペシャルゲストとして、
いや?影の司会進行係としていらしていたこと。

Dr.Rikaは、2001年〜2011年の10年余り、
銀座の中央通りで美容皮膚科を運営していた際に
同じビルで銀座ベルエトワールさんが入居していらして、
同じビルの店子としてだけでなく、
先代の岡本社長には色々と教えていただき、ご縁を感じました。

このイベントでは、大将は合いの手

武道館に12回も立ったLa'cryma Christiのボーカルだった
銀座ベルエトワールの現社長  敬人(たかひと)さんが
司会進行の形?で進みました。

今回のテーマ ソース 源とは?

大将はじめ、美内すずえさん、岡本敬人さん共通するのが、
みんな神さまの分け御霊であり、それぞれの魂を輝かせることが
今もっとも重要。

いまの生活を大事にして、無理することなく、
喜び、感謝、感動とともにあれば
自ずとソース源に繋がり、神性が輝き出す。

​子供の頃から、幽体離脱が起こったり、ものが波打って見えたり
不思議なことが多かったけれども、親から口外を禁じられていた
美内すずえさん。

なにかを表現したい思いがあり、手塚治虫さんの漫画に
出会わなければ、小説家か劇作家、脚本家になっていたそうです。

手塚治虫さんの作品だけでなく、本屋で立ち読み、
一度みただけで画像として覚えていて、
吹き出しの形からセリフまで一字一句覚えており、
小学校の授業中、真剣に黒板を見ているかと思いきや?
頭の中で漫画を1ページずつめくって、
読んでクスっと笑っていたそうです。

生まれ育った大阪の街では、
漫画を読むのは、悪いこととされ
漫画を学校に持って来させて、校庭で焼かれたそうです。
(戦後ですよ。。。)

そんな状況の中、10歳の時に下書きなし
罫線なしのノートに3つ漫画を描いて、
ぴったり納めてしまうという天才!
学校に持って行って、みんなに見てもらっていたそうです。

16歳でデビュー。
それからさらに神秘体験や、宇宙との交信や予知夢が強まり、
17歳で、このまま行ったら、日本が沈没してしまう!
というヴィジョンを視てしまいます。

ガラスの仮面などを描いておりましたが、
1986年以降、一般受けするものを描こうと思っても
描けなくなってしまいました。

ずっと秘めていたものを伝えたい!
どこかに必ずいる同志たちに!

自らの神性に目覚めてほしい

​その思いで描いたのが、アマテラスです。

IMG_3875

1985年から天河神社へ行くようになり、
その当時から宮司さんは

これからは、縄文の復活 女性性の復活だ!

宗教は終焉し、Art が重要になる!

すべての人はartistで、感性がKey

とお話しされていて、本当にそうなってきましたね〜と。

天河神社を皮切りに、日本全国(大将の出身地  佐賀県は未踏 笑)
5、000以上もの聖地巡礼をされ、世界平和の祈りを捧げていらして
漫画を描けなかったそうです。

アマテラス発刊当初は、
戦闘シーンを増やしてくださいとか
早くスサノオとクリシュナーダを会わせてあげて とか
ジュリアスカッコいい!

のような反応しかなく、本意が伝わらないのがもどかしく
筆を置いていたそうです。

しかし、最近アマテラスの本当に伝えたいこと、
内容の素晴らしさに気づいた人が増えてきたので、

まず、ガラスの仮面50巻を出してから、
今年のうちに?
アマテラスの続編を出版されるそうですよ❤️

30年以上も世界平和の祈りを捧げているのに、
どんどん世界情勢は悪化して行くのに胸を痛めた美内さん。
ある霊能者から、不成仏霊の成仏や、
遣り切れない意思を光に変えて天に帰す事をしなくては
世界平和が起こらないといわれ、

2015年から道頓堀のバテレンさん達の供養を行なったそうです。

400年以上前、豊臣秀吉が生きている頃
バテレンさんの弾圧迫害があり、転びバテレン(隠れキリシタン)が
道頓堀沿いに住み、豪商達が運河をつくるときに苦役させられ、
生き埋めになったり、処刑場で殺された人たちも道頓堀に
埋められたそうです。

阪神優勝などで、道頓堀に飛び込む人たちがいますが、
水深8mと浅いことだけでなく、別の意味で危ないそうです。

3年間行なって、かなり成仏、浄化されたなと思ったので
昨年2018年は、出雲、大国主命開きのご神事として
行なったそうです。

親しくさせていただいているKnobさんジミー宮下さん

昨年の御神事に奉納演奏をされていました。

このように、本当に世界のために
心を尽くしてくださっているかたが、いらっしゃるのですね。
美内さん、有難うございます。

最後に、今回のイベントのまとめ


ことば は言葉ではなく、光透波 viblation 
はじめにことばあり  は、viblationがあって創造された

光透波を使えるのは、人間だけ

​頭で考えると、いくらでもパターンが思い浮かぶが
どれもしっくりするものではなく、
胸の中の神さま(子供の頃のワクワクしている自分)
が感じることが、一番合っている!

何にでも感謝できる心  → これがないと神性は開けない

感動、喜び、感性を磨く事

これが魂を磨き、輝かせる事で
自らの神性を目覚めさせる鍵

無心になる程、熱中するものが大事

でも無理せず、日頃の生活を大事にする事

自分の興味があることに集中していたら、
自ずと神性が開く

以上

とても素晴らしいお話を伺えて幸せです。

皆様にもメッセージが届き、神性が開き
光輝くようお祈りします❤️

お読みいただき、良かったらシェア大歓迎です❤️

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲

クリックしてね(╹◡╹)


応援📣よろしくお願い申し上げます🤲

LINE読者登録QRコード

LINE読者登録QRコード
応援📣よろしくお願い申し上げます🤲


IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️










こんにちは😃
今年は、関東地方は暖冬で
雨も降らず、青空が続いています。

ふと ワンコのロング散歩路の公園の梅が氣になり、
2019年1月27日(日)に行ってみたら、

IMG_3879


IMG_3878

紅白の梅とも、ほぼ満開でした❤️

花見といえば?

花見で愛でる花といえば、皆さん桜とお答えになりますよね?

桜はたしかに日本人に古くから愛され続けている花であり、
今尚、春を象徴する花です。

でも、花見といえば、桜を愛でるというのは、平安時代以降。

実は奈良時代は、桜より好かれた花があったんですよ。

それは梅です。

奈良時代の花鑑賞といえば、梅をさしていました。
貴族たちの間では造園する際、梅を入れることが定番となったようです。

当時、日本は遣唐使を介した中国との交易が盛んでした。

中国文化、物品も多く日本に伝わり、その中の1つに梅があったのです。

香立つその花は珍重され、桜よりも人気がありました。

その人気ぶりをうかがえるのが、『万葉集』に詠まれた梅の数です。

桜を詠んだ歌は43首に対し、梅を詠んだ歌は110首。

梅は桜の倍以上詠まれているのです。

桜  サクラの語源は、また後日。

桜を愛でるのも良いですが、

これから咲き誇る梅、桃の花もしっかりと堪能したいですね❤️

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲


クリックしてね(╹◡╹)
 
h
LINE読者登録QRコード

LINE読者登録QRコード
応援📣よろしくお願い申し上げます🤲


IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️



こんにちは😃

昔からレンジが狭く、暑がりの寒がり。

でも、昨年バスク地方を旅した時には、
白人さんたちよりも暑がりで、ダウンを着ている白人さんを傍目に
コットンのワンピースだけで闊歩していたのが、今まで以上の超寒がりに
戻ってしまったDr.Rikaです。

冬にあったかいタイツを新調したい!と
20年来愛用のWolford. Piere Montou 以外にオーガニックコットン70%で
五倍子染めのものを購入しました。


かなり厚手で、モコモコしますが、肌触りは最高。

以前のブログ記事と重複しますが、
なぜコットン、しかもオーガニックコットンのタイツを
選んでいるか?というのは、、、

子供の頃からアトピー性皮膚炎で、花粉症、化粧品かぶれ
蕁麻疹(じんましん)、
薬疹(固定薬疹、アナフィラキシーショックで臨死)など
アレルギーのオンパレードに苦しんだ経緯があるからです。

徐々に食事や洗剤、衣服を変えていきました。
心身ともに健康になり、美肌になった秘訣を
友人からの質問に答える形で、以前 札幌のラジオ

🌟  2016.12.9 FM77.6 LIFEに生出演しました


で、お話ししましたので、
よかったらyou tube でお聴きください。
(すんごい早口です(・・;)  普段の3倍速です)




色々な出逢いやご縁に導かれて、
食事や洗剤、衣類を変えていって、
今はほとんど赤みも痒みも出なくなりました。

一番はじめに、衣類をかえたものとして
かれこれ20年近く前からですが、
タイツはコットンのものを選んでいます。

うさと服  さとううさぶろうさんの本



あいをよる おもいをつむぐ
さとう うさぶろう


に書かれていますが、

飲んで効くものは「内服」薬
身につけて効くものが「外服」薬
衣服の起源は、布に染められた草木の
薬効を皮膚を通して吸収させ、病を
癒す(現代の湿布)ものだったのです。
邪悪なものから心身を守り、魂を癒すと
いった「祈り」がこめられているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

衣服を身にまとうというのは、医療である!

このことから、直接肌に身に付けるものは
天然素材のものを選んで、洗剤も極力使わずに洗うことが
良いと思っています。


最近また新たな オーガニックコットン 80%のタイツを見つけたので
購入してみました。

うさぴょん 🐰マークに導かれ?
 4,800円+税   日本製

ほかに、ブラウン、黒、グレーあり。

FullSizeRender
FullSizeRender


オーガニックコットン 80%
ナイロン      15%
ポリウレタン 5%

モコモコしすぎず、フィット感があって、
思った以上に暖かい〜❤️

今あるタイツ達が現役を退く時に、このファインニットタイツは
リピート買い決定です♫

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲


クリックしてね(╹◡╹)
 

LINE読者登録QRコード

LINE読者登録QRコード






一二三の日、観てきました!自主上映会。

横浜にあるお寺の第2本堂で、カフェも併設している善了寺。
カフェゆったり堂というほんわかした名前通り
漆喰と木で安らぎの空間でした。

和尚さんは、お通夜でいらっしゃらなくて
奥様がサンスクリット語とパーリー語のお経を歌って下さり、
皆で心を1つにしてからの映画観賞でした。

ドキュメンタリー映画  最後の一滴まで  up to last drop



安倍政権で、ひっそり⁇法案が通ってしまった水道民営化。
日本は98%の場所で蛇口をひねれば、
飲むことが出来る水が出てくる豊かな国。
でも、これを海外の水企業に売ろうとしている!

一方、ヨーロッパをはじめ世界各国では水道を再公営化する
動きが広がっています。2000年から2015年のあいだに
37カ国235件の水道事業が再公営化されました。
うち94件は民営化の発祥地・フランス。
これは今や世界的な潮流になっているといいます。
ギリシャのドキュメンタリー映画監督によって制作された本作は、
自国ギリシャに迫る民営化の波をはじめEU6カ国・13の都市を
4年間かけて取材・制作したもので、
2017年12月にギリシャで公開されました。

現在、日本語版が自主上映会という形で広がっています。

水質悪化、料金が4倍にもなったポルトガル🇵🇹の北部都市。
公営化に戻すのに、フランス企業から1億ドル以上の
賠償金請求されました。
株主の利益のために、税金で支払われるなんて!!
ギリシャ、アイルランドの現状も知っていただきたい。

この映画はヨーロッパ主体ですが、
世界の事例を見てみると、民営化後の水道料金は
ボリビアが2年で35%、南アフリカが4年で140%、
オーストラリアが4年で200%、フランスは24年で265%、
イギリスは25年で300%も上昇!!

高騰した水道料金が払えずに、南アフリカでは1000万人が、
イギリスでは数百万人が水道を止められ、
フィリピンでは水企業群
(仏スエズ社、米ベクテル社、英ユナイテッド ユーティリティーズ社、三菱商事)
によって、水道代が払えない人に市民が水を分けることも禁じられました!

民営化して米資本のベクテル社に運営を委託した南米のボリビアでは、
採算の取れない貧困地区の水道管工事は一切行われず、
月収の1/4にもなる水道料金を払えない住民が井戸を掘ると
「水源が同じだから勝手にとるな」と、ベクテル社が井戸使用料を請求。

困った住民が水を求めて公園に行くと、先回りしたベクテル社が
水飲み場の蛇口を使用禁止にし、最終手段でかれらが
バケツに雨水を溜めると今度は1杯ごとに数セント(数円)
徴収するという徹底ぶりだそうです。

これらの事例は、先日ご紹介した


に書いてあります。

是非この映画を観ていただきたい!
本も読んで頂きたい!
そして、考えて、できるところから行動しましょう♫

IMG_3849

ピンボケ写真ですが、善了寺内のカフェゆっくり堂

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲


応援📣よろしくお願い申し上げます🤲


IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️



↑このページのトップヘ