こんにちは😃
今日はValentine‘s dsy

今は友チョコと言って
男の子でも自分で作って
友達にプレゼントする子もいるそうですね。

本来のヴァレンタインデーの意味ってご存知ですか?

チョコレートの流通が多くなるほど、
過酷な労働状況で働かされて苦しんでいる
子供たちがいること、環境破壊が進むこと、、、


義理チョコ買う前に、
ぜひ森井 啓二先生のブログ『ひかたま』をお読みください。


ココア、チョコレートだけでなく、綿(コットン)、
ダイヤモンド、エメラルドも
奴隷のように働かされている人たちがいること
殺戮など忌まわしい日々
自然を破壊している現実をご存知でしょうか?

寝る間も無く働いて
カカオを育てて、
一度もチョコレートを食べたことのない
子供たちが沢山います。
 


読む前に、応援📣のポチっと
クリックしてね(╹◡╹)


このブログ記事のカテゴリーを日本の文化に入れましたが、
思いっきり商業的な風習です。

(クリスマスのケーキやデートもそうですけれどね)


女性から男性への愛の告白 チョコレートを渡すと言う風習は

1958年に チョコレート会社 メリーが仕掛けたもので

欧米では男性から女性へ。また男女問わず家族や友人へ

本やお花などプレゼントと感謝のメッセージカードを送るものです。


バレンタインに似た行事として、スペインのカタルーニャ地方

🌟4/23  サン ジョルディーの日 があり、

本をバレンタインデーに贈る習慣があると

中学生の頃、英語の先生に聴きました。


因みに、私のバレンタインの1人は、

ここぞという時に、本をプレゼントしてくれます🎁


バレンタインデーの由来はご存知ですか?

日本文化いろは辞典より


聖バレンタインデーの始まりは古代ローマ時代にさかのぼります。

この時代のローマにおいて、2月14日は女神ユノの祝日でした。

ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神様とされています。

毎年ユノの祝日である2月14日の翌日、2月15日から「ルペルカリア祭」

という安産のお祭りが行われていました。

当時、若い男性と女性は別々に生活していたため、

ルペカリア祭は男性と女性が巡り合う唯一のお祭りだったのです。


ルペルカリア祭の前日、若い女性達は札に自分の名前を書き、桶の中に入れます。

翌日、男たちは桶から札を1枚引き、その札に書いてある名前の女性と

お祭りの間パートナーとして一緒にいることが定められていました。

そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚することとなります。


ルペカリア祭でのこの風習は約800年間続けられてきましたが、

ローマ教皇のゲラシウスは

「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」

という理由から、これを禁止してしまいました。

キリスト教司祭だった聖バレンティウスは結婚が許されない兵士を哀れに思い、

秘密に結婚させましたが、捕らえられ、処刑されてしまいました。

この事に反発したローマの若者達は、

前日の2月14日に好きな娘に愛のカードを渡すことを思いつき、

そのカードに愛の殉教者、聖バレンティウスの名を書いたそうです。


その後、イギリスやフランスで元々考えられていた

「2月14日は鳥が結婚する日」などの言い伝えと融合し、

現在のように「バレンタインデーは恋人達の日」というイメージが

出来上がってきたのではないかと考えられています。


IMG_4004


日本でチョコレートが贈られるようになったのは、

1958年にメリーチョコレートが東京の伊勢丹で販売促進を目的とした

キャンペーンを展開した事がきっかけです。

初めはあまり反響がありませんでしたが、

その後女性誌に取り上げられ現在のようなブームになったそうです。

以上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本でも、最近は男女間だけでなく、家族や友人にチョコレートを

贈る人も多いようですね。

義理チョコや友チョコというのは、日本ならではの文化ですね。


チョコレートの原材料であるカカオは、

アフリカや南米の幼い子供達が、過酷な労働状況で収穫しています。

現地の人達は、このカカオがチョコレートなんていう

美味しいものになるなんて、一生知らずに

働きづめで亡くなる人も多いです。

(コーヒー、コットン、ダイヤモンド、エメラルドなどもそうですが)


また、原料のパーム油は森林伐採を進め、

動植物たちが絶滅に追いやられます。

コンビニでもどこでも簡単に手に入るチョコレートですが

私たちが口にするまでの間に、沢山の犠牲もあることを知り

本当に必要な時に、必要な分だけ

きちんとした労働賃金を払って作っているメーカーのものを買う

ようにしたいですね。


本来のバレンタインはメッセージカードを送るとお伝えしましたが

欧米ではバレンタインカードの決まり文句とされている

「あなたのバレンタインより」(From Your Valentine)

「わたしのバレンタインになって」(Be My Valentine)

と書いたりします。

これは、殉教者バレンティウスが恋人におくった

愛の言葉だといわれています。


Dr.Rikaも中学生の頃から友人達と

上記の言葉を添えて、メッセージカードを贈りあっていました。


チョコレート抜きで、

感謝を伝えたい人にカードを贈るのは如何でしょうか?

FullSizeRender

愛する うさぴょん へ❤️

いつも心を寄せて下さり、お導き頂きありがとうございます。
これからも、ず〜っと宜しくね。

Be my Valentine,forever !

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲


クリックしてね(╹◡╹)
 

 

IMG_9709




 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️