こんにちは😃

今生初めてのインド、ネパールの旅。

1番の心配は、お腹を壊すことでした。
もともと胃腸が弱く、夏場は痩せてしまうし
友人たちの殆どが
下痢で大変だったと聞いていて、、、、。

大好きな仙人から分けていただいた百草丸を持参しましたが
お蔭様で結局飲むことなく、なんとか乗り切りました。

何度かお腹が痛くなり、危ない❗️と思った時に
梅干し粥だったり、旅仲間から分けてもらった梅干しの黒焼で
乗り切れました。

しかし、ツアー仲間の数名は寝込むほどの腹痛に。

抗生物質も効かず、辛そうでしたが
救世主が🦸‍♂️

C1599FC8-209F-4B58-91B9-2281018EEB06

扇丸(おうぎがん) はらはら薬

E31F98AC-3FCE-49F9-B86F-89C77B3BB3E9

2年前にもインド ルンルに旅に参加された方が
用意してくださったもの。

正露丸も抗生物質も効かない
インドの下痢を一発で止めると言う優れもの。

EF35585A-7955-4934-8AD6-743FEA2D8479

丸薬ではなく、錠剤ですが、、、

9793D8CA-CFBB-458A-9BE8-390FB3EE8E02
DF915CAF-5E9A-4B90-B99D-D5AC358B8254

1日3回食間又は食前に白湯又は水にて服用する
15歳以上1回5錠
14~11歳1回3錠
10~8歳1回2錠
7~5歳1回1錠 
剤形錠剤
内容量120錠
成分・分量
(15錠中)
コウブシ末 1.4g 
オウバク末 0.95g 
トウヤク散 0.5g 
モッコウ末 0.47g 
リュウノウ 0.09g 
バレイショデンプン 0.23g

添加物:龍脳、デンプン、タルク

とありますが、
ご持参くださった方によると
だらだら飲まずに、
下痢が止まれば、もう飲まない。

仰っていました。

はい、それで良いと思います。

300年以上前から和歌山の神社仏閣で作られた
最古の⁉️民間漢方薬だそうです。

インドや水が不衛生な土地へ行かれる時のご参考に。

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
励みになりますので応援のポチっとお願いします。

IMG_4891 ⬅︎ ポチっ❤️