こんにちは😃

昔からレンジが狭く、暑がりの寒がり。

でも、昨年バスク地方を旅した時には、
白人さんたちよりも暑がりで、ダウンを着ている白人さんを傍目に
コットンのワンピースだけで闊歩していたのが、今まで以上の超寒がりに
戻ってしまったDr.Rikaです。

冬にあったかいタイツを新調したい!と
20年来愛用のWolford. Piere Montou 以外にオーガニックコットン70%で
五倍子染めのものを購入しました。


かなり厚手で、モコモコしますが、肌触りは最高。

以前のブログ記事と重複しますが、
なぜコットン、しかもオーガニックコットンのタイツを
選んでいるか?というのは、、、

子供の頃からアトピー性皮膚炎で、花粉症、化粧品かぶれ
蕁麻疹(じんましん)、
薬疹(固定薬疹、アナフィラキシーショックで臨死)など
アレルギーのオンパレードに苦しんだ経緯があるからです。

徐々に食事や洗剤、衣服を変えていきました。
心身ともに健康になり、美肌になった秘訣を
友人からの質問に答える形で、以前 札幌のラジオ

🌟  2016.12.9 FM77.6 LIFEに生出演しました


で、お話ししましたので、
よかったらyou tube でお聴きください。
(すんごい早口です(・・;)  普段の3倍速です)




色々な出逢いやご縁に導かれて、
食事や洗剤、衣類を変えていって、
今はほとんど赤みも痒みも出なくなりました。

一番はじめに、衣類をかえたものとして
かれこれ20年近く前からですが、
タイツはコットンのものを選んでいます。

うさと服  さとううさぶろうさんの本



あいをよる おもいをつむぐ
さとう うさぶろう


に書かれていますが、

飲んで効くものは「内服」薬
身につけて効くものが「外服」薬
衣服の起源は、布に染められた草木の
薬効を皮膚を通して吸収させ、病を
癒す(現代の湿布)ものだったのです。
邪悪なものから心身を守り、魂を癒すと
いった「祈り」がこめられているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

衣服を身にまとうというのは、医療である!

このことから、直接肌に身に付けるものは
天然素材のものを選んで、洗剤も極力使わずに洗うことが
良いと思っています。


最近また新たな オーガニックコットン 80%のタイツを見つけたので
購入してみました。

うさぴょん 🐰マークに導かれ?
 4,800円+税   日本製

ほかに、ブラウン、黒、グレーあり。

FullSizeRender
FullSizeRender


オーガニックコットン 80%
ナイロン      15%
ポリウレタン 5%

モコモコしすぎず、フィット感があって、
思った以上に暖かい〜❤️

今あるタイツ達が現役を退く時に、このファインニットタイツは
リピート買い決定です♫

ありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いします🤲


クリックしてね(╹◡╹)
 

LINE読者登録QRコード

LINE読者登録QRコード