こんにちは😃  Dr.Rikaでございます。
生きていれば、何が起きるかわからない⁉️

私自身、22年前に横断歩道のど真ん中で車に轢かれ
臨死体験をし、3ヶ月も入院したことがあります。

でも、その不幸と思える体験がなければ
結婚しなかったし(あ、16年ほどで離婚しましたが)
銀座で10年間もクリニックを開業しなかったでしょう。

意味付けすること自体が、意味無いかも?ですが。
1週間前に愛犬Kellyが長年お世話になっているサロンで
若手のトリマーさんに、誤って舌を切られてしまいました。

なんどもKellyの担当をしていたし、
大人しくて暴れたりしていないのに、、、、

歯がほとんどない為、舌が👅出やすいというのも以前から。

ただ事故って起きるんですよね。

テレパシー送って(笑)、なんとか連絡を取り、サロン近くで
優秀な外科医を紹介していただき、即入院緊急手術。

全く初めての病院で、初めての先生。

信頼している森井先生お墨付きのドクターなので安心ですが、
当のKellyは、12歳と高齢で全身麻酔が出来るのか?
初めての病院で、一人っきりで寂しく無いか?と心配も。

FBで、友人知人にKellyに無事手術が終わり、早く治るように祈りを
お願いしました。
翌夜迎えに行き、自宅に連れ帰り、ご飯を与えたところ、完食👍
皆さまのお祈りのお陰です。
本当にありがとうございます❤️

IMG_0460

麻酔から覚めて、どこにいるのか?
ママもDinoもいなくて、寂しかったの。

でも、みんなが大丈夫だよって言ってくれて、落ち着いたの。
ありがとうワン😊  by Kelly


IMG_0461

普段は、離れて眠るDino(左)ですが、
私が「Kellyに寄り添ってあげてね」って言ったら
眠い目💤を擦りながら?、「僕がKellyを守るの❤️」って言っているみたい。

微笑ましい光景です。

トリマーさんはパニックで、罪悪感で眠れないと困るなあって思って
この入院当日に

「起きたことは起きたこと。今後同じことしないように対応策を考えてね。
自分を責めないでね。
無事に麻酔から覚めたようだし、今日は早く寝てください。
今後もあなたにトリミングしてもらう予定だから。」

と伝えたところ、トリマーさんは、少し眠れたようです。
その後も電話とメールでやり取りを。

549DE8D1-9DF4-41CF-B6E3-0038E442A44F

一旦壊死(細胞が死んでしまう)仕掛けて黒くなった舌の一部が
1日10回のホメオパシー投与と皆様の祈りのおかげで
血行が良くなり、付いてきました❤️ありがとうございます😊


今日から、しばらく海外へ✈️

主治医に預けて、行ってきます。
Dino Kelly 仲良くして待っててね❤️



今日も有り難うございます❤️

ブログランキングに参加しております。

宜しかったら、「Dino Kelly  寂しく無いよ」って

ポチッと応援📣お願いします❤️

クリックしてね(╹◡╹)