ドレッシングや醤油もどきの原材料にたんぱく加水分解物や酵母エキスって

よく見かけますが、ご存知ですか?

これらは、添加物ではなく、食品扱いになっているので

無添加食品と謳っているものの中に、結構潜んでいるんですよー⁉️

味覚ステーションより抜粋


「タンパク加水分解物」の分類

原料による分類

①動物性・・・肉や魚などの動物タンパク質を原料としたもの
②植物性・・・小麦や大豆などの植物タンパク質を原料としたもの

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e5%8a%a0%e6%b0%b4%e5%88%86%e8%a7%a3%e7%89%a9%e3%80%80%e5%8e%9f%e6%96%99%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%88%86%e9%a1%9e

 

製造法による分類

①熱水分解

ラーメン屋でスープを作る時、豚骨や鶏を長時間煮込むイメージがありますよね。

あれは、熱水でタンパク質を分解していますので、タンパク加水分解物、と言えます。
また、ご家庭で昆布やカツオ節からダシをとってる場合、その「ダシ」もある意味、

「タンパク加水分解物」と言えます。

 

②酸分解

熱水で分解するのは時間が掛かるので、酸(塩酸)を加えて、短時間で分解したものです。
塩酸は、胃酸の成分ですので、胃での反応を体外で再現しているようなイメージですね。

 

③酵素分解

(主に微生物が作る)酵素の力を利用して、短時間でタンパクを分解させたものです。
醤油や味噌は、小麦や大豆のタンパクを麴菌の酵素で分解させるものなので、

ある意味、タンパク加水分解物の一種と言えますね(食品表示上の分類は違いますが)。

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e5%8a%a0%e6%b0%b4%e5%88%86%e8%a7%a3%e7%89%a9%e3%80%80%e8%a3%bd%e9%80%a0%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%88%86%e9%a1%9e

 

 

「タンパク加水分解物」は、どんな味?

「タンパク加水分解物」は、いろんなアミノ酸やペプチドが混合しているので、

一言で表すと「複雑な味」です。
一般的には、うま味成分のグルタミン酸が多く含まれていると考えられ、

またペプチドにはコクを付与する機能を持つものもあることから、
ざっくり、」と「」を付与するもの、と言えるでしょう。

%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e9%85%b8%e6%a9%9f%e8%83%bd%e5%91%b3%ef%bc%92

(参照:必須アミノ酸、ペプチド、BCAAって何? ~アミノ酸の味・構造・効果~

 

タンパクの種類によってアミノ酸組成が異なる

(例えば小麦のタンパクと肉のタンパクでは組成が異なる)し、

また分解の度合によって、ペプチドの割合なども異なるので、

ただ単に「タンパク加水分解物」といっても、一つの味を指すわけではありません。

 

 

避けたい危険な食品添加物一覧

https://tenkabutsu.com/tanpakukasui

に詳しく書かれているので、抜粋しご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たんぱく加水分解物とは、肉・魚・大豆・小麦などのタンパク質を

分解して得られたアミノ酸のことで独特のコクや旨味を持つため

多くの加工食品や調味料などに使われています。

食品分類上は添加物ではなく食品として扱われていますが、

味●素で有名なグルタミン酸ナトリウムのようないわゆる

「うま味調味料」と同じ使用目的です。

しかしたんぱく加水分解物のほうが含まれるアミノ酸の種類が多いため

味は複雑で汎用性が高いのが特徴です。

ほとんどが他のうま味成分と合わせて使われることが多い。

また調味料として、しょう油(安物)、マヨネーズ(カロリーハーフなど)、

ソース、ドレッシングなどによく使われています。

加工食品のほとんどは、この調味料が使われるが、加工食品に使われる調味料の

原料には表示義務はありません。

他にも外食チェーンなどにも使われます。

化学調味料が叩かれる中、「化学調味料無添加」とする裏には

たんぱく加水分解物などが使われるケースが多いです。

しかしこれには劣悪な原料を使っていたり、製造方法によっては

発がん性物質が生成される場合があります。


塩酸を使ってタンパク質をアミノ酸に分解します。

何より早く分解できるのでほとんどがこの手法で抽出を行っています。

この処理の過程でタンパク質に含まれるグリセリンと塩酸が反応を起こし

クロロプロパノールという発がん性の高い物質が生成されてしまいます。

これは嘘の多いWHOも認めています。

ただしこの値は製造過程で検査されているので残留している可能性は低いですが、

人間がチェックしていることですので、ヒューマンエラーはないとは言い切れません。
実際に農水省の調査で一部のしょう油に高濃度のクロロプロパノールが検出されました。

レンダリングプラント

動物性のタンパク質を原料とする場合、ほとんどがレンダリングプラント

(動物性脂肪精製工場)によって得た動物性油脂を使用しています。

殺処分される犬や猫、ガンやウイルス感染で病気になった牛・豚・鳥など

あらゆる動物の死骸(中には腐ったものまで)や糞尿をミンチにし、

遺伝子組み換えトウモロコシと混ぜ合わせ飼料にして

草食動物である家畜に与えています。

(一昔前に狂牛病の感染源であった肉骨粉というやつです。)

エサ代や糞尿の処理にお金がかからないということもあり、

このレンダリングプラントは大きなお金が動くことから

未だになくなることはありません。

この問題はたんぱく加水分解物だけの問題ではありませんが、

生体濃縮された危険な畜産があらゆる加工食品、激安肉として使われます。

※普段たべているラーメンもこういう食材が使われているかもしれませんね。

*Dr.Rika  コメント  

ファミレスや外食のハンバーグって、かなり使われているようですよ。

 

人間の髪の毛

中国産のタンパク加水分解物は人間の髪の毛を原料にしていることが多い。

(これは有名な話)人間の髪の毛はあらゆる有害物質が残留し、

それが不純物として残り発がん性の問題が指摘されています。


以上  抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うわぁー〜って材料ですよね⁉️

先日、栄養学博士からタイムリーにレンダリングプラントについて

お話を伺ったのですが、コンビニの残飯をプラスチックや発泡スチロールの

容器ごと塩酸に溶かし病気の動物の死骸とともに作っているそうです(・・;)


たんぱく加水分解物の  たんぱくって、人毛だけでなく、

どれだけ有害なものが含まれているか⁉️

怖いですよねー〜。

たんぱく加水分解物って名前だと、何か変なものかな?って

ピンと来る人がいても、酵母エキスって身体に良いものと思っていませんか?

🌟酵母エキスって、何⁉️  をご覧下さい。


ブログランキングに参加しました!

クリックしてね(╹◡╹)いつも応援有り難うございます📣