こんにちは😃

味噌汁を作るのに、毎回 鰹節削って、昆布とどんこで出汁とって、、
って出来ると良いけれど、なかなか大変ですよね。

Dr.RikaはMSG  =グルタミン酸ソーダ = うまみ調味料 =  調味料(アミノ酸)に
敏感なので、入っていないものを選んでいますし、友人や職場スタッフも
気に掛けて下さり、無添加のものをプレゼントして下さいます。

ここのは安全だからって、頂いた某有名お出汁のお店の商品。

IMG_0408

初めは酵母エキスって気に留めていなかったんです。

でも調べてみたら、ビックリ‼️

IN YOU  HPより抜粋します。

まずは、そもそも酵母とは何なのかを一緒に見ていきましょう。

酵母はあなたのすぐそばにもいる?!

酵母はあなたのお宅にもいますよ」なんて言うと怖いでしょうか?

しかし、酵母には本当にたくさんの種類がいて、
自然界では主に葉っぱや果汁、花や樹液などの植物に。
さらには、哺乳類や鳥類の皮膚や消化管にもひそんでいます。

誰の家にでもいるというのも、あながちウソとは言いきれないですよね。

peonies-806580_640 
そんな酵母。
じつは菌類で、単細胞の真核生物。

サイズは、大きいものでもわずか10ミクロン程度。
細菌類よりは大きめですが、それでもやはり人間の目で見ることはできません。

1674年に初めて発見したのは「微生物学の父」と称されるオランダの微生物学者、
アントニ・ファン・レーウェンフック。
彼が残したスケッチに、発酵中のビールを顕微鏡でのぞいたものが残されており、
その描かれた被写体のフォルムなどから、まさしく酵母だったのではないか
と言われています。

顕微鏡でなければ観ることのできない酵母ですが、その栄養価はとても優秀
タンパク質やビタミンB群、ビタミンDや葉酸などをとても多く含んでいるため、
近年、優れた発酵食品だと注目されているのです。


<酵母の効能>

 ●疲労回復効果

 ●免疫力を向上させる

 ●糖質の吸収を抑える

 ●便秘改善


酵母と酵母エキスは明らかに違う!

酵母エキスも発酵食品?


単に「酵母」として見てみると、やはり素晴らしい発酵食品だという結論に
達してしまいました。

それでは、「化学調味料フリー」などと謳っている商品などにもよく使われている
酵母エキス」はどうでしょう?

遺伝子組み換え作物を使っているケースも多い酵母エキス。

>>酵母エキスとは


sugar-1068288_640 


「たんぱく加水分解物」に代わる「うま味成分」として使われている調味料。

また、食品添加物のような役割だけでなく、ペットフードの商品開発・研究などで
培地としても使われています。

酵母を原料として抽出・エキス化したもので、
日本では主に、ビール製造の過程で出る酵母の残りカス(エコまたは産業廃棄物)
を用いて作られています。

ただ、やはり副産物として得た酵母では「うま味成分」が足りないなど、
さまざまな問題点が。

そこで現在は「酵母エキス目的の酵母」が遺伝子組み換え操作によって製造され、

グルタミン酸ナトリウムや肉汁などの培養液によって培養されています。


ということは、そもそも自然界には存在しない人工的なものということですね。

>>製造方法


製造方法は、
酸処理・アルカリ処理・酵素処理の3種類なのですが、昨今は酵素での処理が主流のようです。

酵素処理の場合、工程は大まかに分けて5つ。

 1. 溶解・抽出

 2. 遠心分離

 3. 濾過

 4. 加熱濃縮

 5. 粉末化


はじめに酵母の細胞壁を溶解し、中に含んでいた細胞液、いわば酵母エキスの素を
抽出するのですが、ここでも気になる点が。

ビール酵母の残りカスはビール特有の苦みが凝縮された状態なので、
水酸化ナトリウムを用いてそれを取り除く必要があります。

そして、そのアルカリは塩酸で中和するのです。

また、酵母は熱に弱く、失活する過程で自身の細胞壁をこわす特性があります自己消化)。
その作用を使って、ある一定の温度まで上げることで、酵母自身に
「自己消化酵素」を出してもらい、同時に、酵母のタンパク質がアミノ酸に分解されることで
「うま味成分」も生まれるのですが・・・

工業製品といっても過言ではない酵母エキスは自然の産物なんかではない。

酵母自身の酵素のパワーだけでは、溶解も「うま味成分」もまだ不十分。

そこで使われるのが、製造方法が明らかにされていない「細胞壁分解酵素」と
「タンパク質分解酵素」です。

・・・こうして本来とは姿のまったく変わってしまった酵母の抽出物を、
遠心分離機にかけて濾過、加熱して濃縮し、工業製品と言っても良いような粉末
したものが「酵母エキス」なのです。

>>そこまでしても「食品添加物」じゃないの?


水酸化ナトリウムや塩酸、どうやって作られたかもわからない酵素などを使用しても、
「精製処理」はしていないという理由から、酵母エキスは「食品添加物」ではなく
「食品」として分類されています。

産業廃棄物とはいえ、もとはビール酵母なので毒性はないですし、
塩酸などの劇薬も中和されているのでまったく問題ないとの声もあります。

child-466141_640 

ですが、自然には有り得ない「うま味」を人工的に作り出した不自然なもの・・・

ベストセラーにもなった阿部司さん著「食品の裏側」には、
「たんぱく加水分解物」による味覚障害の危険性が指摘されていますが、
同じ用途で使われる酵母エキスに関しても同じことが言えます。

「ただちに健康に影響はない」と言われても、やはりできることなら避けたいところですね。


>>アレルギーを引き起こす可能性も

先に、酵素を添加することでタンパク質を分解すると書きましたが、
このとき分解しきれなかったタンパク質が原因で、まれにアレルギー反応を起こす方も。

しかし、酵母・酵母エキスに関してはアレルギー表示義務がないため、
アレルギー体質の方は注意が必要です。

では、具体的にはどのような商品に添加されているのでしょうか?


「化学調味料無添加」に安心していませんか?


うま味調味料として、主に加工食品などに使われています。

●スナック菓子

●レトルトカレー・シチュー

●ドレッシング

●カップラーメン

●麺つゆ

●だしの素


上記以外にも、本当に数多くの商品に添加されています。

>>消費者心理を逆手にとって・・・

P1150904

基礎知識がない場合、パッケージのおもて面に「化学調味料不使用」「無添加」
裏の原材料名に「酵母エキス」と書いてあったら、
安心して買ってしまうのも仕方ないでしょう。


そして、「無添加」を謳う自然食品メーカーが販売している商品でさえも、
この酵母エキスは頻繁に使われているのです。

酵母エキスは「食品添加物」ではありません。

ですが、決して自然な成り立ちではないですし、素材のもつ本来のうま味さえ

打ち消してしまうものです。


酵母エキスの前に多用されていた「たんぱく加水分解物」は、
問題視する消費者が多くいたために、使用されることが減りました。

添加物に限った話ではありませんが、
やはり消費者がしっかりと学び、
「買い物は投票」の気持ちで商品を選び、
問題に対して声を上げていくことが重要です。


以上  抜粋


消費者は、自らの口に入るもの、身に付ける物、肌に触れるもの
どういうもので出来ているか⁉️ 調べて、学びましょう‼️
我々の意識を高め、きちんとしたものしか購入しないという
行動を起こさなければ、製造販売業社はいつまでも生産し続けますよ。
生産者も利益が出て、我々も健康的に恩恵を得て、地球にも動植物にも
皆が喜び循環するように、、、、まずは一人一人の選択、行動から。
ブログランキングに参加しました。

クリックしてね(╹◡╹)