本日の1冊

FullSizeRender


エドガー・ケーシー療法のすべて  
Series 1皮膚疾患〈乾癬、アトピー、湿疹など〉

光田 秀著  ヒカルランド

ヒカルランドで行われた全10回の連続講座『エドガー・ケーシー療法のすべて』
をベースに全6巻順次発売の初回が皮膚疾患編です。

先日、映画「リーディング」を拝見して、初めてエドガー・ケーシー療法
なるものを知り、興味を持ち購入しました。

1877年3月18日  アメリカ🇺🇸のケンタッキー州に生まれ、
1945年1月3日に亡くなったエドガー・ケーシーは、高校1年中退で、
さしたる学歴はないものの、ひとたび催眠状態になると、
彼自身の全く知らないことであっても、
質問さえ適切であればどんな質問にも答えることが出来た人です。

この能力を44年間発揮しますが、前半の22年間は、
もっぱら病気の治療に使われていました。
表向きは写真館を経営しながら、1日2回、病気に苦しむ方々のために
催眠状態に入り「リーディング」をします。

前半の22年間はほとんど記録らしい記録は取られていません。
リーディングを神から授けられた使命と信じ、46歳で写真館をたたみ
リーディング一本で生計を立てるようにしてからは、速記者を雇い
一語一句正確に書き留められ1万4,306件のリーディング記録が残っています。

そのうち9,605件が、病気治療や美容健康法に関するものです。

この本から、ケイシー療法の要約を下記に書き出します。

ケイシー療法の基本原理  CARE

①  C(Circulation)          循環(血液、リンパの循環、神経の流れ) 

 → オイルマッサージ
      (ピーナッツオイルは筋骨格系に、オリーブオイルは粘膜系に効くので半量ずつブレンド)
    
→  オステオパシー
     
→   、足湯首出しサウナ  ウイッチヘーゼルを蒸気に混ぜると効果的

② A(Assimilation)        同化(消化吸収、食事療法)

→ ●豚肉を避ける      
        どうしても食べたいときは、徹底して油をぬく
        豚レバーはOK

     (どうしても四つ足の動物を食べたい場合には、ラム(子羊)が良い)
 
     ●揚げ物を避ける   
        酸化した油がNG    ごま油で揚げればOK

     ●新鮮な野菜を豊富に
       地上で育つ野菜 2〜3 :  地下で育つ野菜 1の割合
       葉物は昼に、夜に根菜類を

     ●皮膚の弱い人はナス科の野菜(ナス、トマト、ジャガイモ、パプリカ、
        ピーマン、トウガラシ)、コショウを避ける

     ●野菜を食べるときはゼラチンと一緒に
       ゼラチンパウダーか板ゼラチンと共に野菜を食べると、
       ビタミンの吸収率が約7倍増大‼️

     ●精白した米、パンは避ける
       複数の穀物を同時に食べない  
            例   ラーメン&ライス、うどんとご飯 、ジャガイモの入ったカレーライス
                   玄米餅と玄米パンもNG

     ●柑橘系の果物を豊富に(ただし穀物と一緒に食べてはいけない)

         体を弱アルカリ性に保つため  →  インフルエンザのウイルスが増殖できない
        朝食に、みかんのみ食べる🍊のを、週3日
         柑橘系と炭水化物は、少なくとも前後2時間あけて食べる

        ※  果物で、生リンゴとバナナは注意

            口内炎、ヘルペスができる人はリンゴ(生だけでなく、煮る、焼くなど)NG
            樹で熟したバナナのみOK

     ●1日1、5リットルの水を飲む

     ●砂糖を多く含む菓子類を食べない  →  蜂蜜かメイプルシロップで

     ●怒っている時、悲しんでいる時は食べない

     ●シーフードは良いが、皮膚疾患がある人はエビ、カニを避けるように

③  R(Rest/Relaxation)  休息・休眠

④  E(Elimination)          異化(毒素・老廃物の排泄)
→  腸、腎臓、肺、皮膚、女性の場合は加えて経血の5つ
→ 腸内洗浄、ひまし油温熱パック、入浴方法



【乾癬の治療法】

● ナス科の野菜を避ける等上記の食事療法に加え、
   血液を早く浄化するために、新鮮な葉物野菜をたくさん食べる。 
  
   レタス、セロリ、クレソン、ニンジン
   (人参は、血液の凝固力を高める。とりわけ、葉っぱの付け根)
   チンゲン菜、水菜、ホウレン草、春菊

●  腸壁を保護するためにherb tea を飲む(食前20分)

     ニレ茶、サフラン茶、カモミール茶、スイカの種茶

●  背骨の歪み矯正
    腸壁を薄くしている原因が背骨の歪み

【アトピー性皮膚炎の治療】

乾癬と同様
プラス
●腸内洗浄

●脊柱へのオステオパシー的オイルマッサージ

     週2回から週1、月1と間隔をあけ、10回ほど目安。
     その後、月1回継続でキープ。

     頭の付け根から尾骨にむけ、螺旋を描くように全部で30回円を描く
     程よいリズムで、強く弱くを繰り返す

【まとめ】

皮膚の病気は、腸の状態を反映。腸を綺麗にすれば治る。

ひまし油パックについては、きちんと本をご覧いただいた方が
良いと思いますので、詳細は割愛します。

すぐに出来ること、沢山ありますよね⁉️

アトピー性皮膚炎、花粉症、蕁麻疹とアレルギーのオンパレードの
Dr.Rikaですが、考えてみたらトマト大好き🍅で、季節問わずに
「私の身体の中にトマトが流れているわー」というほど食べていました。

最近、トマトやパプリカを控えてみたら?
痒みがほとんど有りません‼️

夜に人参を🥕食べるようにしたら、調子が良いです。

ご参考までに。





クリックしてね(╹◡╹)