皆さん、食器や衣服、はたまた洗顔や身体を洗うものって
何をお使いですか?

油汚れに〜♬  とか
襟も真っ白‼️のような洗剤。
(漂白剤だけで無く、蛍光塗料が入っていますよ〜〜)

使い勝手も良く、安価なのと大量生産されて
スーパーやドラッグストア、コンビニにも置いてあるので
合成洗剤をお使いになっていらっしゃらないかしら?

かくいうDr.Rikaも、昔はお世話になっていました。

アトピー性皮膚炎で、手荒れが酷く常に手指が割れて血が出るので
ドレニゾンテープ(ステロイドのシール)を何年にも渡り、
毎日使っていました。

手荒れだけでなく、蕁麻疹、全身倦怠感、腹痛など
万年半病人のような生活から脱却したいと一念発起し、
食、洗剤、衣類など、ちょっとずつ試行錯誤しながら、
変えていき、元気になりました。



まずは合成洗剤(食器洗い、シャンプー)をやめる。

次に、ヤシの実洗剤だったら、肌に負担も無くて良いかな?
と使ってみました。

FullSizeRender


ヤシ油配合と書かれて、天然素材で安心安全のように謳っていても
界面活性剤を添加したり着色料を入れているものも多いです。

また、ヤシ油100パーセント、パーム油100パーセントを謳うもの。
成分が分解され、手にも下水などの環境にも優しいと思って
使っていました。

またBody soapやシャンプーをやめて、固形石鹸で身体全身を洗う
ようになり、比較的安価で、肌に良いイメージでヤシ油が成分の
固形石鹸を使っていました。

石鹸は、もともと牛脂や豚の脂など動物性のもので作られていましたが
狂牛病などの観点から植物性のものに変わってきました。
中でも成分が牛脂に近く、泡立ちも良いパーム油、パーム核油が
安価で生産も安定していて使われることが多いようです。

また手作り石鹸や肌に優しいと謳っているものでも
色々なものが添加されていることも! ( part 4で触れます。)

環境にも配慮し、ヤシ油の洗剤って⁉️とご興味を持たれた方
こちらのサイトを是非お読みください。


1993年 京大ユニセフクラブ 発表

「ヤシの実洗剤は地球にやさしい?」

http://www.jca.apc.org/unicefclub/research/93_palm/index.html

の記事。
もう25年前に書かれたものですが、素晴らしい研究発表です。

パーム油の大量消費によって、健康を害するだけでなく
オランウータンの絶滅の危機! 森林伐採による環境破壊について

ひかたま(光の魂たち)


あぶない油の話  パーム油のことを知るサイト



何事もメリット、デメリットがあります。
総括的に考えて、パーム油やヤシ油を消費することが本当に
自分にも地球にも良いことでしょうか?

Dr.Rikaは、ここ5ー6年前から、石鹸もほとんど使わなくなりました。
ぬるめのお湯のお風呂に入ってから、
綿や絹のタオルで優しく撫でるようにするだけ。

使うとしたら、椿油やオリーブ油の石鹸。

老人ホームに毎週1回 皮膚科の往診をしているのですが、
殆どの方が全身乾燥しているんです。
Body Soapを一切使わず、腋窩(脇の下)や外陰部、肛囲だけ
固形石鹸を泡立ちネットで泡だてて洗うよう指導を徹底したら
本当にどの施設の入居者も、綺麗なキメ細かい肌になっています。

清潔とは?
洗浄とは?

今までの固定概念を払って、どのように日常を過ごすか?
何を選んで、どこの会社の製品にお金を渡す(応援する)か?

是非、考えて、実行しましょう〜〜❤️


も、是非お読みください。


クリックしてね(╹◡╹)



 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️