私たちの身体 、細胞を構成し、機能するのに必要なのは
良質な水、油、タンパク質、ミネラルだと思います。

どのような油が良質のもので、
身体にとって有害で、避けるべき油は、何でしょうか?

最たるものが、トランス脂肪酸です。

日本は、農薬、添加物も世界で最も使われているだけでなく
欧米では禁止されている有害なトランス脂肪酸に関しても
未だに使用されて、多くの食材に使われています。

ポテトチップス、チョコレート、スナック菓子、アイスクリーム
マーガリンを用いたクッキー、ケーキ
ショートニングの入ったパン、菓子パン
唐揚げや天ぷら、コロッケなどの揚げ物
インスタントラーメン、カップラーメン 
コーヒーフレッシュ、カレーやシチューのルウ、缶スープなど

農林水産省がトランス脂肪酸について書いています。


しかし、摂取を減らすようにとの勧告だけ。

トランス脂肪酸による健康被害

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、大腸ガン、認知症、アレルギー、
不妊症、ホルモンバランスの異常、糖尿病など



 欧米人との比較ができないとお茶を濁しており、
全面禁止にはまだまだ至っておりません。

今年 2018年6月までにアメリカでのトランス脂肪酸全面廃止に向け、
日本のマーガリン🇯🇵 今年3月に各メーカーが
水素添加油脂の使用をやめることを表明し、
商品のリニューアルが相次ぐようです。


民間企業が動き出しているのに、国家でのトランス脂肪酸全廃に
向けての動きはありません。

あなたが口にしているものには、植物油としか表示されていないで
気づかないように仕向けられて、パーム油から作られた
トランス脂肪酸をたっぷり体内に取り込んでいるかも知れません。

まずショートニングやマーガリンはパーム油に水素を添加して
固形にしたもの。

パン、お菓子に多く使われます。

マーガリンは何年経っても腐らず、蟻も🐜避けて通るものです。

バターが牛乳から作られるのに対して、植物から作られてヘルシー
というイメージをお持ちの方、特に年配の方には多く感じます。

はい、未だにDr.Rikaの両親は信じています。
長年 伝え続け、ようやくマーガリンを減らしつつある段階^^;

プラスチックのようだと表現されるマーガリン
もう日本でも食べない、買わないって一人でも行動すれば
生産者がいなくなるのではないでしょうか?


も是非お読みください。
オランウータン絶滅の危機、森林伐採による環境破壊について。

消費者が、ご自身の健康についてもっと意識を高く
そして地球の環境について  次世代  7代先の子孫たちのことを
考えて、何を選んで購入するか?

一緒に考えましょう〜〜❤️

まだまだ 存じ上げないこといっぱいのDr.Rikaです。
皆さんのオススメの油、洗剤、化粧品の情報
どしどし教えてくださいませ〜〜🌟


クリックしてね(╹◡╹)