Dr.Rikaの【 発芽酵素雑穀玄米の炊き方 】をご紹介します。

発芽酵素玄米とは、玄米に小豆と塩を入れて炊いたご飯で
炊き上がった玄米をおよそ3日間保温し続けたものを言います。
毎日天地返しを行います。

酵素玄米は、
⭕️発酵しているので
⭕️白米の半分の時間で吸収される。
⭕️消化しやすい

メリットがあります。

また、アミノ 酸の1種GABAが増え、
食物繊維、ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛などのミネラルが豊富で
小豆も加えるためたんぱく質、ポリフェノールの補給にもなります。

酵素玄米(寝かせ玄米)は

長岡式酵素玄米が、有名ですが、専用の圧力釜で炊く、塩も専用のもの
など縛りが多いことと、発芽させないようです。

玄米を発芽させないと、フィチン酸を多く含むので
亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどの必要なミネラルを吸着し
身体の外へ排出してしまうので、栄養不足になってしまうんですね。

発芽酵素玄米専用の炊飯器を用いると、発芽させて炊き上がりまで
自動で6時間でできてしまいます。

Dr.Rika流の発芽酵素雑穀玄米の炊き方をお伝えします。

ステンレスボウルに自然栽培の玄米2合と小豆20gを入れ
50〜55度のお湯を時計回りに注ぎます。

この温度はお米に付着した酸化物や汚れを取り除くのに
適しています。











































素手で研ぐには熱いのと、多少玄米表面に傷がついた方が
後から加える塩の浸透がよいので、泡立て器を用います。







































こちらも、時計回りにくるくると円を描きながら、
さらに大きく時計回りにくるくる。

image


この時に、美味しくなーれ と念じながら
愛情を込めながら研ぎます❤️

3回お湯を変えながら研ぎます。
→ 研ぎ汁は、1&2研ぎ水、3研ぎ水として利用します。

研ぎ終わったところに、塩 小さじ1/2と
別に研いだ雑穀、黒米を混ぜ、また玄米リジュベラックに用いた
発芽した玄米も加え
上記同様 泡立て器で攪拌&研ぎます。

私の場合、小さな円を9回時計回りに
それを3回繰り返します。

炊飯器は、クック圧力名人 を用いています。

簡単に発芽させてから炊きあがりまで6時間ですので、
重宝しております。

また、釜がアルミニウムではないところが、有難いです。

ぜひ、放射能対策にも、腸内環境改善にも、消化吸収に良いので
試してみてくださいませ❤️

今日もありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しております。

クリックしてね(╹◡╹)
  ← ポチッ😍


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️