フライパンの種類、使い方、注意点について
わかりやすく比較されて書かれているページがあるので、
ご紹介します。

🔵キッチングッズの正しい選び方


フライパンで使われる主な材質

フライパンで使われる材質には以下の種類があります。

材質 特徴 重  量 調理性能 手 入 れ 耐 久 性 IH対応
表面加工(テフロン等) 焦げ付きにくいが、高温や傷に弱い。(ティファールなど) ×
熱伝導もよく、どんな料理でもOKだけど手入れが重要。(代表商品はリバーライト極など) ×
鋳鉄 鉄の良いところに蓄熱性能がプラスされているが重い。(南部鉄器は鋳鉄の代表ですね) × ×
ステンレス 丈夫で美しく手入れも簡単だけど、焦げ付きやすい。代表商品はビタクラフトなど)
アルミ 軽くて手入れが簡単だけど、高温・酸・アルカリに弱い。 × ×
チタン 軽くて丈夫だけど、温度ムラが出来やすく調理が難しい。 ×
ガラス 重いし割れるが、蓄熱性能が高く、電子レンジもOK。 × ×

 

この表は、とてもわかりやすいと思いますが、
セラミックが抜けています。

🔵セラミックフライパンの特徴  

セラミックはPTFE,PFOAなどの物質を使用していないという安心感と、
遠赤外線で素材に火が通りやすいという点(熱伝導が良い)、
高温450度でもコーティングが剥がれない、
有毒が発生しないと言われています。

✳️PTEE、PFOAについては   
      テフロン加工フライパンについてをご覧下さいませ。


フッ素加工(テフロン)に比べてセラミック加工の欠点は、
油を敷かないとくっついてしまうこと。
陶器と同じく、衝撃に弱く割れやすいこと。


テフロン加工同様共通点は、金属のヘラやたわしは使わず、
木ベラや柔らかいスポンジで洗うことが重要です。

また、表面のコーテイングが取れてしまうと、
中の素材 アルミニウムが溶け出すので危険です。

よって、8ヶ月〜1年を目安にDr.Rikaは買い換えています。

セラミックのトップブランド  京セラからも商品が出ていますが、
渋いブルーなんですよね〜〜💦








  












Dr.Rikaは、手頃な値段で、取っ手が外せて、ピンクやオレンジなど
可愛い色が揃うアイリスオーヤマのものを愛用しています。

❤️フライパンについて まとめました。以下もお読みくださいませ。

🌟 テフロン加工のフライパンで鳥が大量に死亡⁉️ フッ素について

🌟 テフロン加工フライパンについて

🌟 ステンレスフライパンについて

クリックしてね(╹◡╹)