今日の3分クッキング〜🎵

前日にワカヌイ ラムチョップバー 十番で、ラム肉三昧を
堪能したばかりだというのに、連日ラム肉です✨

スパイスを多用しようと思いまして、
ちょっと今までと違った作り方をしてみました。

💖ラムのスパイシー焼💖


























【1〜2人分】

ラム肉  ボンレスショルダー  150g
皇帝塩種 TGGヨーグルト  150g

ホウレンソウ5束
ブラウンマッシュルーム  10個

アヴォカドオイル  ライム風味  大さじ1
赤ワイン  大さじ3

オーストリアのハーブ塩  適量
地中海ハーブミックス     適量
カレーパウダー    小さじ2


【作り方】

1日半  ラム肉をTGGヨーグルトに漬け込んでおく

フライパンにアヴォカドオイルをしき、ブラウンマッシュルーム
ラム肉を焼き、赤ワインをふりかける。
ホウレンソウの茎の部分を入れて、蓋をして蒸す。

蓋を取り、ひっくり返して、ホウレンソウの葉の部分を入れ
塩、地中海ハーブミックス、カレーパウダーを入れ
再び蓋をして軽く蒸す。

蓋を取り、かき混ぜて出来上がり🎵


実質5分かかりませんでした💖

【Dr.Rikaのワンポイントメモ】

アンズコフーズさんのラム肉は臭みがなく、
パリッと焼き上げて頂くのも美味しいのですが、
TGGヨーグルトに漬け込むと、ジューシーで甘味が増します✨

赤ワイン、ハーブ、スパイスが調和して、
ご飯無しの糖質制限にぴったりのお味になりました。

ラム肉は、日本でいう2〜4月がスプリングラムが熟成した
最も美味しい時期だそうです🎵

スプリングラムとは、

ニュージーランドにおいて春から初夏の
最も栄養価が高いとされる時期の牧草で育った仔羊が
最も美味しくなる1〜3月の旬の時期に食肉加工される
ラムだけに限定し、一定のチルド熟成期間を経て急速冷凍
したものだそうです。

船便で運ばれるので、その間に熟成されるので
最も美味しいのが2〜4月という訳💖

これからの時期が楽しみですね〜〜❤️