本日の1冊🎵

シリコンバレー式自分を変える最強の食卓
デイヴ・アスプリー著  æ —原百代訳


















































シリコンバレーで巨万の富を築いた著者は、
20年前まで140kgもの肥満で、頭痛や体調不良に苛まれていました。

ありとあらゆるダイエット、食事法を試し、30万ドル以上も費やし
自ら人体実験を重ね、世界トップクラスの医学博士、生化学者、
栄養士などの膨大な数の研究を総合して、心身の能力を向上させる
食事法を確立。

💖  ãƒã‚¤ãƒ³ãƒˆ  ðŸ’–

1.   æœé£Ÿã«ã€
良質なコーヒーにMCTオイル、グラスフェッドバター(牧草牛)
を入れて飲む

  ⭕️ グラスフェッドバターは、良質なオメガ3と共役リノール酸
        タップリ

  â­•ï¸  MCTオイル(中鎖脂肪酸)は、ココナッツオイルよりも
         ã‚ˆã‚Šã‚ªãƒ¡ã‚¬3豊富

2.  ãƒ¨ãƒ¼ã‚°ãƒ«ãƒˆã‚’朝食べると太る!!
      →  è…¸å†…細菌を飢えさせると、脂肪が燃える
            肝臓で生成される絶食誘導脂肪因子(FIAF)は
             ä½“に脂肪を貯蔵させるリポ蛋白リパーゼを阻害

3.  åŒæ§˜ã«ã€æœ 炭水化物、果物を食べるのはNG‼️

      折角オイルからケトン体を作るところを、
      炭水化物、果糖を摂取するとブドウ糖が出来てしまい
      オイル、余剰なブドウ糖が脂肪に置き換えられ肥満に。

4.  åæ „養素   

     A.レクチンに注意‼️

      タンパク質の一種で、細胞膜を糖質結合することで、
      小腸の代謝を阻害したり、腸絨毛や関節に損傷を与える
     ã“とがある。

       å¤šãã®æ¤ç‰©æ€§ã€å‹•ç‰©æ€§é£Ÿå“ã«å«ã¾ã‚Œ
       ä¸­ã§ã‚‚豆類、ナッツ、穀類に圧倒的に多く含まれ
        炎症が生じる。

        ナス科のトマト、ナス、ジャガイモに注意‼️

        ⭕️ほとんどのレクチンは熱で破壊されるので、加熱調理を。

      # ãã‚Œã‚’知ってから、 玄米や豆類を55度で洗ってから炊いています。

      B. ãƒ•ã‚£ãƒãƒ³é…¸

       å‹•ç‰©ã‚„虫に食べられないように進化してきた、植物の防衛システム。
       å¿…要なミネラル、なかでも鉄、亜鉛、マグネシウム、カルシウムに
        結合することでミネラルの吸収を阻害する。
       ç©€é¡žã€ãƒŠãƒƒãƒ„、種子類に大き含まれる。

        フィチン酸を食事から完全に取り除くことは不可能だが
        調理した水を茹でこぼすか、レモンや酢などの酸につけると
        最小限に減らせる。
  
       âœ¨ãƒ¡ãƒ¢

        グラスフェッドの牛肉やラム肉を食べることにより
        フィチン酸の分解を促す。

        牛や羊は腸内にフィチン酸を分解する細菌を持っている。

       C. シュウ酸

        シュウ酸が血中のカルシウムと結合すると、小さく尖った結晶
         ã¨ãªã£ã¦ã€ä½“内に蓄積   →  ç­‹è‚‰ç—›ã€è…ŽçµçŸ³ã€è…¹ç—›ã€å˜”吐、下痢

        ケール、スイスチャード、ホウレン草、黒胡椒、パセリ、ビート
        チョコレート、ナッツ、ベリー、豆類に含まれる。

        フィチン酸同様、茹でこぼすか酸につけると減少させる。

        D. カビ毒(マイコトキシン)

          高濃度に摂取すると、心筋症、がん、高血圧、腎臓病、脳損傷
 
          コーヒー、小麦、トウモロコシ、ピーナッツ、果物、チョコレート
          ワインが汚染されていることも多い。
          汚染された穀物を食べた牛の乳にも含まれる。

           ç”£åœ°ã€ç”Ÿç”£æ–¹æ³•ã€åŠ å·¥æ–¹æ³•ã‚’チェック!

           âœ¨  ãƒ¡ãƒ¢

           ãƒ‡ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚³ãƒ¼ãƒ’ーは、低品質の豆が使われる。

     5  VIP  è¡€ç®¡ä½œç”¨æ€§è…¸ç®¡ãƒãƒªãƒšãƒ—チド

          神経調節・伝達物質として働き、ホルモンと電解質濃度を
          調整することで胃腸管内を変化させ、膵臓と腸で脂肪と糖の
          分解を加減し、胆汁を放出させ、胃液の分泌をコントロール。

          脳機能、睡眠、グルコース制御の改善。

          脳下垂体と視床下部で作られ、VIPを十分持たないと
          血糖、インスリン、レプチンのすべての値が上昇して
          甘いものを強烈に欲する。

     6   適量の良質タンパク質とたっぷりなヘルシーな脂肪摂取

          タンパク質は他の主要栄養素より消化しにくいせいで
          過剰摂取すると炎症を起こしうる

          鳥肉は低質のタンパク質と記されている

     7   レジスタントスターチ
 
           é›£æ¶ˆåŒ–性でんぷん

           ãƒãƒ†ãƒˆã‚¹ã‚¿ãƒ¼ãƒã‚„冷やした白米に含まれる

           ä½“内で分解されないので食べてもインスリン値を上昇させず、
           çµæžœã¨ã—て血糖値に問題を生じない。

           è…¸å†…フローラを激変させて、酪酸塩という有益な脂肪酸を
           ç”Ÿæˆã•ã›ã‚‹ã“とが出来る。

           ã‚³ãƒ¼ãƒ’ーと脂肪を摂ることで、すべての腸内細菌を
           ä¸€æ—¦æŠ‘制したあとで、痩せ型細菌にえさを与えて増殖させることができる。

           ãƒã‚¿ãƒ¼ã«ã¯é…ªé…¸å¡©ãŒå«ã¾ã‚Œã‚‹ã®ã§ã€è…¸ãŒæ¸…められ、
           è„³ã®ç‚Žç—‡ãŒãŸã ã¡ã«ä½Žæ¸›ã•ã‚Œã‚‹ã€‚

           å¤œã«æ‘‚取すると血糖値を安定させ、セロトニンの成分を提供して
           å¿«çœ ã«å°Žã
              →  ç‚­æ°´åŒ–物は夜摂取

 ä»¥ä¸Šã€å¿˜å‚™éŒ²ã§è¦ç‚¹ã‚’整理しました。

 ãªã‚“でも正しいとされていたことが間違いと訂正されることも
 ã‚りますし、メリットの隣り合わせにデメリットも。

 ãã®æ™‚々で、体の調子によって自分に最適な方法を見つける
 æ‰‹åŠ©ã‘として活用したいと思います。

いつもありがとうございます😊
人気ブログランキングに参加しております。
宜しかったら、クリックお願い申し上げます(╹◡╹)


クリックしてね(╹◡╹)


 IMG_0705      @dr.rika
ブログには載せていないお写真を沢山Upしています。
良かったら、こちらもフォローしてね❤️